@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロッテルダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロッテルダム
Rotterdam
オランダ南西部,ゾイトホラント州の都市。同国第2の都市。ロッテ川の河口に堤防を築いて干拓した土地に,13世紀に建設された集落が起源。その後マース川の湾曲点を中心に発達し,1328年に自治都市となった。アントウェルペンが衰えた 16世紀末から発展を始め,18世紀以後圧倒的な勢力をもつようになった。特に 1866~72年北海に通じる新水路が完成してからは,貿易港として急速に発達,ドイツのルール地方の工業化進展に伴って,貿易量も急激に増大した。第2次世界大戦ではドイツ空軍により市街の大部分を破壊されたが,戦後ただちに復興。港の修復も 1949年までに完了し,さらに 1958年にはマース河口に,外港,石油基地としてのユーロポールトも建設され,世界でも有数の貿易港に発展。また,マース川とニーウェワーテルウェフ(新水路)運河に沿ってスヒーダムからフラールディンゲンまで連続した一大工業地帯の中心として,製油,化学,造船,機械など各種の工業も盛んである。市はまた,文教の中心でもあり,ルーベンス,ファン・アイクなどの収集で知られるボイマンス=ファン・ボイニンヘン美術館をはじめ,多くの美術館,博物館と,社会科学,医学,美術など各種の教育機関がある。港には 185mの展望台ユーロマストが建ち,南東 15kmには風車の村キンデルダイク Kinderdijkがある。人口 58万4058,大都市圏 98万5950(2007推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロッテルダム(Rotterdam)
オランダ南西部、ライン川分流の新マース川に臨む商工業都市。世界有数の貿易港を有し、河口にもユーロポートがある。石油を主要輸入品とし、石油化学工業のほか造船・食品工業も発達。人口、行政区58万、都市圏98万(2008)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロッテルダム【Rotterdam】
オランダ南西部,南ホラント州の都市。ムーズ(マース)=ライン川河口を約30kmさかのぼった地点に,川を挟んでその両岸に発達した世界第1の貿易港。人口57万6000(1981),都市圏全体では102万。 1328年に都市法を得,16世紀ころより港町として発達した。ライン川やムーズ川上流を後背地にもち,すでに17~18世紀にはオランダ第2の貿易港に成長していたが,19世紀に入ってからは,ライン=ムーズ川河口が外航船出入りに適さず,その発展は伸び悩んでいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ロッテルダム【Rotterdam】
オランダ南西部、北海に注ぐ新マース川の河口近くにある都市。大貿易港。機械・石油化学工業などが発達。 → ユーロポート

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロッテルダム
ろってるだむ
Rotterdam
オランダ南西部、ゾイト・ホラント州にある国際的な港湾・商工業都市。地名は市の北部を流れるロッテ川のダム(堰堤(えんてい))に由来する。人口は59万5255(2001)で首都アムステルダムに次ぎ、都市圏人口は98万9956(2000)。ライン川、マース川の分流である新マース川の南北両岸にまたがって市街は形成され、北海河口から約30キロメートル上流に位置する。19世紀後半に北海との間に「新水路」Nieuwe Waterwegが開削されてから外洋船の遡航(そこう)が可能となり、港湾は急速に成長した。ライン川、マース川水系の内陸水路を通じてドイツのルール工業地帯やベルギー、フランス、スイスと結ばれ、広大な後背地を有する中継港、積換え港として重要で、コンテナ基地があるほか、パイプラインがアムステルダム、ケルン、フリュイ(ベルギー)の諸都市へ延びている。とくに1958年より外港として建設されたユーロポートEuropoortは、ヨーロッパ共同体の玄関として発展し、このためロッテルダム港は65年にニューヨークを抜いて世界最大の貿易港へと躍進した。現在もEU(ヨーロッパ連合)の門戸として中継貿易が盛んである。工業も活発で、従来の造船、食品(ココア、コーヒー、たばこ)に加え、新マース川南岸やユーロポートには巨大な石油化学コンビナートが展開している。
 市街中心部は、1940年のドイツ軍の爆撃で完全に破壊されたため歴史的建造物に乏しいが、15世紀の聖ローレンス教会や、オランダ絵画の収集で有名なボイマンス博物館などが残っている。第二次世界大戦後は中心部の再開発が行われ、区画整理によって住宅数は戦前の約4分の1(6000戸)に減少したほか、歩行者天国の大ショッピングセンターであるラインバーンや、ドゥーレン会議場、中央駅などが建設された。新マース川河畔には高さ117メートルのユーロマストがそびえ、南北両岸地区は道路トンネル、地下鉄で結ばれる。人文学者エラスムスの生地で、商科大学を核に1973年総合化されたエラスムス大学がある。[長谷川孝治]

歴史

13世紀にダムが築かれ、1340年にはホラント伯が自治権を与え、また運河建設を認可した。1488年ブレーデローデ伯が占領、周辺村落を奪った。1563年には市の大半が焼け、72年にはスペイン軍の略奪を受けた。その後、ロッテ川の河床に堆積(たいせき)した泥を掘って港を整備し、その泥を盛り土として河岸をつくったが、これは後世の発展の基礎となった。オランダ独立戦争(1568~1648)後の17世紀には、フランス、イギリスとの取引の中心港として繁栄し、アメリカ、インドシナにまで船を送った。1685年のナントの王令廃止で、フランスのユグノー(新教徒)が多数この地に亡命した。ナポレオン1世時代の停滞期が過ぎて19世紀後半には、ラインラントやルール地方の産業化に伴い、また「新水路」の建設により、大貿易港となった。[磯見辰典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロッテルダム
(Rotterdam) オランダ南西部のマース川河口近くにある商工業都市。世界最大級の貿易港である港は、ふつうユーロポートと呼ばれ、EU諸国の玄関。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロッテルダム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロッテルダムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation