@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロティ【ロチ】

デジタル大辞泉

ロチ(Pierre Loti)
[1850~1923]フランスの小説家。海軍士官として各国歴訪、そのときの印象をもとに独自の異国趣味文学を創出。日本にも来航した。作「アフリカ騎兵」「氷島の漁夫」「お菊さん」など。ロティ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロティ(〈フランス〉rôti)
ロースト(蒸し焼き)した料理のこと。ロースト用ののこともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロティ(roti)
中近東やインド東南アジア発酵させない平焼きパン。全粒粉をこねて円盤状にし、鉄板上で焼いたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロティ【Pierre Loti】
1850‐1923
フランスの小説家,海軍士官。本名Julien Viaud。ロシュフォールプロテスタントの家庭に生まれ,市の収入役をしていた父親失脚に伴い一家困窮,教育を受ける方便として海軍兵学校志願,以後海軍士官としての道を歩む。19世紀後半西ヨーロッパ列強の植民地獲得競争の機運にのって,いわゆる異国情緒(エキゾティシズム)に対する関心が高まった際に,海軍士官として世界各地に遠洋航海・寄港した体験をもとに,感傷的な淡いロマンティスムで味付けした恋愛物語を書いて,一時大いにもてはやされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ろてぃ【ロティ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ロティ
(Pierre Loti ピエール━)⸨ロチ⸩ フランスの小説家、軍人。中近東やアフリカ・東洋の各地を旅行し、紀行文や小説を発表。来日し、「お菊さん」など日本を題材とした作品数編を書いている。代表作「氷島の漁夫」。(一八五〇‐一九二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ロティ【rôti(フランス)】
ローストした肉料理。⇒ロースト

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロティ
ろてぃ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロティの関連情報

関連キーワード

島津保次郎溝口健二衣笠貞之助逃亡奴隷法ロチテーラーゴールド・ラッシュ縮合村田実専修大学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation