@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロビンソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロビンソン
Robinson, Edward G.
[生]1893.12.12. ブカレスト
[没]1973.1.6.
アメリカの映画俳優。本名 Emanuel Goldenberg。 1930~40年代にかけて活躍したギャング俳優,性格俳優として有名。主作品『犯罪王リコ』 (1930) ,『偉人エーリッヒ博士』 (40) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Edwin Arlington
[生]1869.12.22. メーン,ヘッドタイド
[没]1935.4.6. ニューヨーク
アメリカの詩人。 17世紀の女流詩人 A.ブラッドストリート子孫。ハーバード大学中退後,ニューヨークに出て詩作を始めたが認められず,不安定な暮しが続いた。思想詩『空をにした男』 The Man Against the Sky (1916) で認められ,『全詩集』 Collected Poems (21,ピュリッツァー賞) で名声を確立。この前後からアーサー王伝説に基づく物語詩を発表,『マーリン』 Merlin (17) ,『ランスロット』 Lancelot (20) に続く第3部『トリストラム』 Tristram (28,ピュリッツァー賞) によって広い名声を得た。その後も『カベンダーの家』 Cavender's House (29) ,『タリファー』 Talifer (33) ,『ジャスパー王』 King Jasper (35) など物語詩を多く発表した。暗い宿命観をもちつつも人間の尊厳を信じた詩人である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Henry Crabb
[生]1775.3.13. ベリーセントエドマンズ
[没]1867.2.5. ロンドン
イギリスのジャーナリスト,日記作者。法律を学び,ドイツに留学,『タイムズ』の海外特派員,法廷弁護士などを務めた。巧みな座談愛想のよい人柄によって社交界の寵児となり,多くの知名人と交際があった。有名な『日記,回想,書簡』 The Diary,Reminiscences and Correspondence of H.C. Robinson (1869) を残したが,これは当時の社会情勢や事件,またワーズワスコールリッジ,ラムその他の文人消息を伝える資料としてきわめて重要なもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Henry Peach
[生]1830
[没]1901
イギリスの写真家。初め絵を学んだが,のち合成印画法による寓意的写真で,芸術写真の代表的存在となる。主著『写真における絵画的効果』 Pictorial Effect in Photography (1869) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Jackie
[生]1919.1.31. ジョージアカイロ
[没]1972.10.24. コネティカット,スタンフォード
アメリカのプロ野球選手。本名 Jack Roosevelt Robinson。 1947~56年ブルックリン・ドジャーズの内野手を務めた,初の大リーグ黒人選手。彼の入団は,野球だけではなく,バスケットボールアメリカンフットボールなどのプロスポーツ界への黒人進出のさきがけとなった。終身打率3割1分1厘。 1962年黒人初の野球殿堂入り。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Joan Violet
[生]1903.10.31. サリー,カンバリー
[没]1983.8.5. ケンブリッジ
イギリスの経済学者。 1925年ケンブリッジ大学卒業。 27年修士号取得,31年同大学講師,65年経済学教授となった。 71年退職。当初「マーシャル理論」の信奉者であったが,P.スラッファの影響を受け,完全競争と完全独占の二元的分裂を克服すべく,『不完全競争の経済学』 The Economics of Imperfect Competition (1933) をわした。また R.F.カーン,N.カルドアなどとともに研究者集団「サーカス」を形成し,ケインズの『一般理論』執筆に貢献した。一方でマルクスの『資本論』の影響を受け,『資本蓄積論』 The Accumulation of Capital (56) を著わした。この頃から新古典派総合や新古典派成長論の立場に立つ P.A.サミュエルソン,R.M.ソローらとケンブリッジ論争を展開し,彼らを痛烈に批判しつつ『異端経済学』 Economic Heresies (71) や J.イートウェルとの共著『現代経済学』 An Introduction to Modern Economics (73) でいわゆるポスト・ケインジアンの立場を明らかにした。ほかに『利子率その他諸研究』 The Rate of Interest and Other Essays (52) ,『経済学の考え方』 Economic Philosophy (62) など著書,論文多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, John Arthur Thomas
[生]1919.6.15. カンタベリー
[没]1983.12.5. ヨークシャー
イギリス国教会の主教,神学者。マールバラ大学,ケンブリッジ大学などに学び,1959~69年の間ウールウィッチの主教となる。この当時出版した『神への誠実』 Honest to God (1963) は教会の伝統的な教理と現代人の意識の断絶正面から取上げた意欲的な著作で世界的に大きな波紋を引起し,それをめぐる論争は"The Honest to God Debate" (63) にまとめられている。 69年以後ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ付属教会の司祭長,同大学神学部新約聖書学講師。"Redating the New Testament" (76) では新約聖書諸文書の成立年代を従来通説よりもずっと早い年代におき,新たな話題を投げかけた。 78年に来日。主著は上記のほか"In the End God" (50) ,"On Being the Church in the World" (60) ,"Can We Trust the New Testament?" (77) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Lenox
[生]1886.10.4. ダグラス
[没]1958.10.14. ダブリン
アイルランドの劇作家。アビー劇場の主事(1910~14,1919~23)。ジョージ・バーナード・ショーの秘書を務めたこともあり,作品は辛辣な風刺を特徴とする。『クランシーの家名』The Clancy Name(1908)によって世に出,『お気に入りの息子』The White Headed Boy(1916),『破れた指導者』The Lost Leader(1918)などを発表。『アイルランドのアビー劇場』Ireland's Abbey Theatre(1951)の著書もある。(→アイルランド演劇

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Sir Robert
[生]1886.9.13. ダービーシャー,ラッフィールド
[没]1975.2.9. バッキンガムシャー
イギリスの有機化学者。マンチェスター大学で学び,シドニー (1912~15) ,リバプール (15) ,セントアンドルーズ (21) ,マンチェスター (22) ,ロンドンのユニバーシティ・カレッジ (28~30) ,オックスフォード (30~55) の各大学教授を歴任。植物色素,とりわけアルカロイドの分子構造の研究で知られ,マラリアの特効薬の合成にも成功。またペニシリン開発にも重要な貢献をなしたほか,有機電子論の発展にも寄与。 1947年ノーベル化学賞受賞。 49年ナイトの称号を贈られた。 53年に来日している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン
Robinson, Peter David
[生]1948.12.29. ベルファスト
イギリスの政治家。北アイルランド自治政府首相(在任 2008~ )。ベルファストのメトロポリタン・カレッジで学んだあと不動産業を営み,その後民主統一党 DUPの結党に参加し,1975年同党総書記となった。1979年イギリス下院議員に当選。1985年のイギリス=アイルランド合意(ヒルズバラ合意)に抗議して議員を辞職したが,1986年の選挙で国会に復帰。1998年の包括和平合意「聖金曜日の合意」に対しては批判的立場をとったが,新たに北アイルランド議会が発足すると地域発展大臣に就任した。2006年,スコットランドセントアンドルーズで行なわれた自治復活に向けた話し合いでは交渉を主導,DUP党首イアン・ペイズリーを首相,シン・フェーン党のマーチン・マックギネスを副首相とする北アイルランド自治政府と北アイルランド議会の完全復活に向けた準備が整った。ペイズリーの辞任をうけて 2008年5月 DUP党首となり,首相に指名された。2010年妻のスキャンダルで一時的に首相を離職。同 2010年6月に行なわれたイギリスの選挙で落選議席を失った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロビンソン(Joan Violet Robinson)
[1903~1983]英国の女性経済学者。第二次大戦前スラッファの影響を受けて不完全競争の理論を樹立。その後、マルクス経済学を研究し、戦後はケインズ理論の発展に努力。著「不完全競争の経済学」「資本蓄積論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン(Jack Roosevelt Robinson)
[1919~1972]米国のプロ野球選手。1947年、初の黒人選手としてメジャーリーグに昇格すると、ナショナルリーグの新人王を獲得。その後も活躍を続け、首位打者や盗塁王などのタイトルを獲得した。ジャッキー=ロビンソン。
[補説]黒人メジャーリーガーの先駆者としての功績を称えて、ロビンソンの背番号42はメジャーリーグの全球団で永久欠番となっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ロビンソン Robinson, Howard T.
1926- アメリカの労働運動家。
1926年ニューヨーク生まれ。昭和34年国際自由労連(ICFTU)沖縄事務所をひらき,初代所長となる。労働基本権のない沖縄の基地労働者を支援し,米国民政府労働条件の改善を勧告,全沖縄軍労働組合(全軍労)の結成につくした。ニューヨーク州出身。バッファロー大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

ロビンソン
日本のポピュラー音楽は日本のバンドスピッツ。1995年発売。作詞・作曲:草野正宗。1996年フジテレビ系列で放映されたドラマ白線流し」の挿入歌起用

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロビンソン【Arthur Howard Robinson】
1915‐2004
アメリカの地図学者。カナダのモントリオールで生まれ,1936年マイアミ大学を卒業,38年ウィスコンシン大学修士学位を,47年オハイオ州立大学で博士の学位を得た。第2次世界大戦中は軍務に服したが,終戦後は一貫してウィスコンシン大学の地理学教室にあって,地図学の地位を飛躍的に高めた。72年から76年までICA(国際地図学協会)の会長を,80年まで副会長を務めた。ロビンソンの学風は地図を広義のコミュニケーションの手段としてとらえ,地図のメーカーからユーザーへの情報伝達の実態を心理学的に研究する点に特色がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ロビンソン【Edwin Arlington Robinson】
1869‐1935
アメリカの詩人。メーン州に生まれ,田舎町の人々の暗い生活を素材とした詩集《夜の子ら》(1897)によって詩才を認められ,T.ローズベルト大統領にニューヨークの税関の仕事を与えられた。ホイットマンにささげたソネットでは,アメリカの巨匠の歌がやみ,現代では生きる目的を失ったことを嘆いている。彼の詩風はそうした空疎な人物の描写にすぐれ,T.S.エリオットの〈うつろな人間〉を予想させるところがある。その傾向は《リチャード・コーリー》《フラッド氏のパーティ》などの作品にもみられるが,詩集《空を背にして立つ男》(1916)で頂点に達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ロビンソン【Edward G.Robinson】
1893‐1973
アメリカの映画俳優。戦前はジェームズ・キャグニー,ジョージ・ラフト,ポール・ムニらと並ぶギャング俳優として知られ,戦後は芸域の広い性格俳優として脇役に回った。 ルーマニアのブカレストのユダヤ人家庭に生まれ(本名はEmmanuel Goldenberg),10歳のときアメリカへ渡って,ニューヨークのローワー・イースト・サイドで育つ。貧者を助ける弁護士を志してシティ・カレッジに入学するが,やがて奨学金を得てアメリカ演劇アカデミーで学び,1915年にブロードウェーにデビューしたのち,舞台と映画で頭角をあらわした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ロビンソン【Jackie Robinson】
1919‐72
アメリカ大リーグの黒人選手。1947年ナショナル・リーグのブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)に入団したが,それまで大リーグは黒人選手の参加を認めておらず,ロビンソンは大リーグ黒人選手の第1号に当たる。ドジャース黄金時代の主軸打者,名内野手として活躍,黒人選手台頭の足がかりをつくり,野球殿堂入りした。56年ドジャースとともに来日,豪快なホームランは日本のファンを魅了した。【広畑 成志】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ロビンソン【Joan Violet Robinson】
1903‐83
イギリスの経済学者。1925年ケンブリッジ大学経済学部を優等で卒業,やがて同大学経済学部講師となる。この間26年に経済学者E.G.A.ロビンソンと結婚。当時支配的であったA.マーシャルの経済学に対しP.スラッファらの批判が起こると,その影響を受けて《不完全競争の経済学》(1933)を書き上げた。その後ケインズを囲む若い経済学者の一人として討論に参加,ケインズの《一般理論》(1936)の成立に貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ロビンソン【Robinson】
Joan Violet R. 1903~1983 イギリスの女性経済学者。ケインズ学派の一人としてケインズ理論の普及と発展に努めた。新古典派の資本理論を批判して「ケンブリッジ論争」の口火を切る。著「不完全競争の経済学」「資本蓄積論」「異端の経済学」など。
Robert R. 1886~1975 イギリスの有機化学者。ストリキニンなどのアルカロイドの構造を決定したほか、植物色素やフェナントレン誘導体を研究。有機化学反応に電子論を導入。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ロビンソン
生年月日:1863年6月29日
アメリカの歴史家
1936年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロビンソン
[一] (Sir Robert Robinson サー=ロバート━) イギリスの有機化学者。植物色素、有機電子論などを研究。アルカロイドについての研究により、一九四七年ノーベル化学賞受賞。(一八八六‐一九七五
[二] (Joan Violet Robinson ジョアン=バイオレット━) イギリスの女性経済学者。第二次世界大戦前にスラッファの影響を受けて不完全競争の理論を樹立。その後、マルクス経済学を研究し、戦後はケインズ理論の発展に努力した。著に「不完全競争の経済学」「資本蓄積論」など。(一九〇三‐八三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ロビンソン
ロビンソン
Robinson, Robert

イギリスの有機化学者.マンチェスター大学で学位を取得.1912年シドニー大学教授,1915年リバプール大学教授,1920年British Dyestuff Co.研究所所長,1921年セント・アンドルーズ大学教授,1922年マンチェスター大学教授,1928年ロンドン大学教授,1930年オックスフォード大学教授,1955年Shell Chemical Co.研究所所長を歴任した.植物色素のアントシアニンの研究,アルカロイドの合成,ナルコチン分子内転位の研究,抗マラリア剤の発明などに業績があったほか,有機電子論の成立に大きな役割を果たした.アルカロイドの研究で,1947年にノーベル化学賞を受賞.そのほか,Longstaff medal,Faraday Medal,Davy medalなど,数多くの賞を受賞した.1945~1950年王立化学会会長.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロビンソンの関連情報

関連キーワード

黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナー内村鑑三ドビュッシーニキシュマイケルソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation