@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロビン・フッド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロビン・フッド
Robin Hood
中世イギリスの伝説的英雄。 14世紀にまでさかのぼれる,一連バラッドで歌われた。一説によれば 13世紀にノッティンガムシャーに生れ,シャーウッドの森を根城に,リトル・ジョンやタック坊主らの豪傑を従え,悪代官を懲らし,貴族聖職者を奪い,貧しい人々を助ける義賊となって活躍する。庶民に愛される文学上の人物となり,W.スコットの『アイバンホー』 (1819) にも登場している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ロビン・フッド
イギリス制作のテレビドラマ原題は《Robin Hood》。放映はBBC局(2006~2009年)。中世イングランドの伝説的英雄ロビン・フッドを描く。ジョナス・アームストロング主演。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロビン・フッド
ろびんふっど
Robin Hood

イギリスの伝説的英雄。実在の人物か、中世のバラッドがつくった人物か、出自については諸説がある。12世紀ごろシャーウッドの森にリトル・ジョンやタック修道士らの仲間と住み着き、悪代官や横暴なノルマン貴族、僧侶(そうりょ)から金品を奪い、貧者に分け与えたと伝えられる。みごとな長弓の腕前や、貧者に施す義賊ぶり、牧歌的な森の生活が共感をよび、イギリスでもっとも人気のある民衆的英雄。15、16世紀には恋人のメイド・マリアンとともに、五月祭の立役者にもなった。バラッドや劇、小説、童話、映画などで、その勇壮な冒険が繰り返し扱われている。ロビンを貴族化したアントニー・マンディの劇『ハンティントン伯爵ロバートの没落』と『ロバートの死』(ともに1598)や、W・スコットの『アイバンホー』、デュマの小説、ハワード・パイルの童話(1883)などが有名。

[上野美子]

『小倉多加志訳注『ロビン・フッドの冒険』(1972・南雲堂)』『H・パイル著、村山知義訳『ロビン・フッドの愉快な冒険』(岩波少年文庫)』『上野美子著『ロビンフッド伝説』(1988・研究社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビン・フッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロビン・フッドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation