@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロプノール【ろぷのーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロプノール
ろぷのーる / 羅布
Lob-nor
中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区南疆の東辺にあった大湖。タリム川とバグラシュ湖から流出するクムダリヤの水を受ける内陸湖。紀元5世紀ころまでは、その湖畔に楼蘭(ろうらん)王国が栄えていた。ロプノールは先史時代にはきわめて巨大な湖であったが、しだいに縮小したと推定されている。1877年ここを探検したロシアのプルジェバリスキーは、南方のカラ・ブランとカラ・コシュンの双湖をロプノールと主張したが、これに反対するドイツのリヒトホーフェンと、いわゆる「ロプノール論争」を引き起こした。1934年カヌーでクム川を下ったヘディンは新しいロプノールを発見し、「さまよえる湖」説を発表した。しかし近年、この地方を盛んに探検しつつある中国の地理学者たちは、ロプノールは太古以来、前記の地にあり、その水源はタリム川より、バグラシュ湖から流出するクム川が主であること、またこの湖の水が近年まったくなくなったのは、クム川の上流でダム工事や灌漑(かんがい)用水を多用するため、クム川の流水量が著しく減少した結果であると考えている。[長澤和俊]
『ヘディン著、関楠生訳『さまよえる湖』(1979・白水社) ▽中国科学院『中国自然地理――歴史自然地理』(1982・北京)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロプノール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロプノールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation