@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロベール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロベール
Robert, Hubert
[生]1733.5.22. パリ
[没]1808.4.15. パリ
フランスの風景画家。彫刻家の L.スロッツに師事したのち,1754年にローマに行き,長くイタリア滞在。ローマの廃墟のある風景や古代建築を詩的情趣をもって描き,「廃墟のロベール」と呼ばれた。1765年に帰国 1766年王立アカデミーの会員,のち会長となった。フランス革命のおりには一時投獄された。主要作品『ニームディアナ神殿の内部』 (1787,ルーブル美術館) ,『ポン・デュ・ガール』 (1787,同美術館) ,『廃墟となったルーブルのグランド・ギャラリーの想像図』 (1796,同美術館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロベール【Hubert Robert】
1733‐1808
フランスの画家。パリ生れ。1754年ローマに留学。フラゴナールたちと知りあい,またピラネージ,パンニーニたちの影響下に風景画を描く。65年パリに戻り,67年アカデミー会員となる。古代ローマの廃墟の素描をもととするイタリア風景,70年以降はパリの日常的光景,フランス各地の記念建造物など,主として遺跡と都市風景を主題とする,詩情に富むロマン主義的な作品を手がける。また当時のイギリス庭園趣味の流行に応じて,ベルサイユ宮殿の庭園などの設計をも行う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロベール
ろべーる
Marthe Robert

生年不詳。フランスの現代女流批評家。1914年、パリ生まれともいわれる。初めドイツ文学者として、ゲーテ、グリム兄弟などの翻訳をしたが、「カフカの意味はその技法にある」(バルト)ことを示した『カフカ』(1960)で批評家として認められる。そののち、フェミナ賞を得た『古いものと新しいもの』L'Ancien et le Nouveau(1963)、『起源の小説と小説の起源』(1973)で、書くことの現代的意義を鋭く問うた。そのほかに出色のフロイト論『エディプスからモーゼへ』D'Œdipe à Moïse(1974)などがある。

[西永良成]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロベール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロベールの関連情報

関連キーワード

干渉(波)傷害保険アウグスト(2世)ポーランド史オーバーヘッドアプローチ全天カメラ満文老檔ヤシ遺伝性プリオン病カープラス式

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation