@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロンドン軍縮会議【ロンドングンシュクカイギ】

デジタル大辞泉

ロンドン‐ぐんしゅくかいぎ〔‐グンシユククワイギ〕【ロンドン軍縮会議】
1930年、ロンドンで開かれた日本・イギリス・アメリカ・フランスイタリア5か国(フランス・イタリアは途中脱退)による海軍軍備制限のための会議。ロンドン海軍条約が締結され、主力艦以外の補助艦を一定比率で制限することを決定。日本はイギリスやアメリカの約7割の補助艦を保有することになったが、国内では軍部が激しく反対し、統帥権干犯問題を引き起こした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロンドンぐんしゅくかいぎ【ロンドン軍縮会議】
ワシントン海軍軍備制限条約(1922)の有効期間満了が近づいたため,マクドナルド・イギリス首相の提唱で,イギリス,アメリカ,日本,フランス,イタリアの五大海軍国がロンドンで開催した会議(1930年1月21日~4月22日)。 1927年6~8月に開かれた5ヵ国によるジュネーブ軍縮会議は,長い海岸線防衛用に主力艦を重視するアメリカと,世界にまたがる帝国防衛のために小型巡洋艦に制限を加えまいとするイギリスの対立が鋭く,暗礁にのりあげていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ロンドン‐ぐんしゅくかいぎ ‥グンシュククヮイギ【ロンドン軍縮会議】
一九三〇年、ロンドンで開かれた海軍補助艦の保有量に関する軍縮会議。参加国は英・米・日・仏・伊であったが、地中海の制海権を競う仏・伊は協定拒否。英・米・日で協定が成立。日本は総トン数で対英米約七割の補助艦を保有することになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ロンドン軍縮会議
ロンドンぐんしゅくかいぎ
London Naval Conference
1930年1月から4月まで,アメリカ・イギリス・フランス・イタリア・日本の5か国がロンドンで開いた海軍軍縮会議
ジュネーヴ軍縮会議(1927)が失敗に終わったため,イギリスの主催によりワシントン会議での海軍軍縮条約改定と補助艦問題が審議された。主力艦建造中止期間を5か年延期し,補助艦についてはアメリカ・イギリス・日本の比率を10:10:7とすることが定められたが,フランス・イタリアは自国主張が認められなかったので参加しなかった。日本の軍部はこの決定に激しく反対し,超国家主義運動台頭のきっかけとなった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロンドン軍縮会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロンドン軍縮会議の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation