@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローガンベリー【ろーがんべりー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローガンベリー
ろーがんべりー
loganberry
[学] Rubus loganobaccus Bailey

バラ科(APG分類:バラ科)キイチゴ属の低木。1881年ころ、カリフォルニア州のローガンJ. H. Logan判事の庭で発見された。イダエウスR. idaeus L. (2n=14)の血を引き、かつ自家結実性のあるヨーロッパ初期の栽培種のなかのある種(2n=14)と、アメリカ西部に分布する雌雄両性で2n=56または2n=84をもつある種との自然雑種(2n=42)と推定されている。葉は5片の掌状複葉。花は雌雄両性花で生産性が高い。紫赤色の大果を結び、パイ、乾菓の原料とする。生育は旺盛(おうせい)で、冬季に0℃以上の土地でよく育つ。

[飯塚宗夫 2020年1月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローガンベリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローガンベリーの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科カエデカツラ科キンギョモナギイカダフウホザキノフサモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation