@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローテーション

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローテーション
rotation
ベクトル場 A=(AxAyAz) において,∂Az/∂y-∂Ay/∂z,∂Ax/∂z-∂Az/∂x,∂Ay/∂x-∂Ax/∂y を成分とするベクトルを rotA と書き,Aのローテーションまたは回転という。 rotA を curlA と書くこともある。また,微分演算子ナブラ ▽=(∂/∂x,∂/∂y,∂/∂z) とAとのベクトル積を考えて,rotA=▽×A と表わすことができる。Aが物体内部の各点の変位を表わせば,rotA は各部分の回転を表わす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ローテーション(rotation)
《回転の
交替すること。循環すること。「ローテーションを組む」
野球で、チームの投手を起用する順序。
六人制バレーボールで、サーブ権を得たとき、各選手が時計回りにそのポジションを移動すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろーてーしょん【ローテーション】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ローテーション【rotation】
輪番。持ち回り。
野球で、先発投手が登板する順序。
六人制バレーボールで、サーブ権を得たチームが、選手の守備位置を時計回りに順次一つずつ変えること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ローテーション
〘名〙 (rotation 「回転」「循環」の意)
① 交替すること。循環すること。「ローテーションを組む」
② 野球で、投手を登板させる順序。
③ 六人制バレーボールで、選手の守備位置を時計回りに一つずつ変えること。〔体育辞典(1928)〕
④ テニスなどのダブルスで、選手が互いの守備位置を変えてゆく戦法。
⑤ バドミントンで、ダブルスの攻守の陣型をいう。
⑥ スキーで、上体をスキーの回転方向に回すこと。
※旅‐昭和三二年(1957)二月号・スキーマニアというものは〈岡部冬彦〉「そしてローテーションしてエッジングだね」
⑦ 輪作。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローテーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローテーションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation