@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローヌ県【ローヌ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローヌ〔県〕
ローヌ
Rhône
フランス南東部,ローヌアルプ地域 (レジオン) の県。マシフサントラル (中央山地) 北東部,旧リヨネ州にある。県都リヨン。北から流れるソーヌ川に,東のアルプスから下ってきたローヌ川がリヨンで合流し,南下する。が多く,夏は暑く冬は温暖。河谷ではコムギテンサイがつくられ,低い丘陵では有名なボージョレ・ワインのためのブドウが栽培される。工業県で,特に絹織物と被服工業は有名であるが,県人口の4分の3を占めるリヨンを中心に金属・化学工業なども盛んである。面積 3249km2。人口 150万 8966 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローヌ県」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローヌ県の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation