@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローマの略奪【ローマのりゃくだつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローマの略奪
ローマのりゃくだつ
Sacco di Roma
16世紀前半のイタリア戦争最中,神聖ローマ皇帝カルル5世のドイツ=スペイン傭兵軍がローマに進駐して,1527年5月6~17日にローマ市内で手当り次第の略奪を働いた事件。ローマ教皇クレメンス7世サンタンジェロ城に閉じ込められていた。この事件は同時代の人々には,戦争に伴う無秩序な混乱としてよりも,教皇庁腐敗堕落に対する神の怒りの審判が下されたものと受取られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローマの略奪
ろーまのりゃくだつ
Sacco di Roma イタリア語

1527年5月6日、カール5世の皇帝軍がローマを征服、略奪して、翌年2月まで占拠した事件。ルター派兵卒を含む皇帝軍の見境のない蛮行のゆえに「神の審判」ともいわれた。事件の背景は、1525年皇帝軍がパビーアでフランス軍と戦って、フランソア1世を捕らえたが、翌年1月同王が、イタリアとその他の権益を放棄したマドリード条約で、解放されたことに始まる。すぐに同王は、カール5世の勢力強大化を恐れる教皇、ベネチア、ミラノ、フィレンツェを糾合してコニャック同盟を結成。この同盟への皇帝の返答が「ローマの略奪」であり、メディチ家出身の教皇クレメンス7世などを囚人的立場に置くことであった。1494年からのフランス軍侵入以来、イタリアの災難はこの事件で頂点に達し、優れた文化がヨーロッパに拡散した。時代はこのころより、教養と芸術を貴ぶルネサンス時代から荒々しい反動宗教改革の時代へと転換する。

[佐藤眞典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローマの略奪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローマの略奪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation