@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローマ大賞【ローマたいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローマ大賞
ローマたいしょう
Grand Prix de Rome
1666年フランスの宰相コルベールによって設置された芸術大賞。若い優秀な芸術家に直接ルネサンス以来の巨匠の作品に接する機会を与えることを目的とした官費留学制度。受賞者にはローマのアカデミア・ディ・フランチアの入学資格が与えられる。期間は3年4ヵ月。毎年パリのフランス芸術アカデミーで審査され,対象は最初画家,彫刻家であったが,1723年からは建築家にも与えられた。フランス革命中は一時中断したが,アカデミービラ・メディチ内に移転して再開され,19世紀には音楽家も受賞の対象となって今日にいたっている。 1894年アメリカがこれにならい,1912年イギリス,続いて他国も同様な制度を設けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローマ大賞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローマ大賞の関連情報

関連キーワード

ドライデンニュートンクロノグラムホイヘンス大老ホイヘンスボイル(Robert Boyle)モリエールライプニッツアダムシャール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation