@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローマ字入力【ろーまじにゅうりょく】

パソコンで困ったときに開く本

ローマ字入力
日本語の読みをアルファベットの組み合わせで入力する方法です。「komatta」とタイプすれば「こまった」と表示されます。「じ」を「zi」と「ji」で入力できるなど、複数の組み合わせがある読みもあります。
⇨かな入力

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ローマじ‐にゅうりょく〔‐ニフリヨク〕【ローマ字入力】
Roman letter input》キーボードによる日本語入力の際、文字の子音と母音を組み合わせたローマ字で入力すること。キーボードに記されたかな文字で入力するかな入力に比べ、打鍵数は多いが、使用するキーの種類が少ない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ローマじにゅうりょく【ローマ字入力】
コンピューターのキーボードで日本語を入力する方式のひとつ。キートップに記されたアルファベットに従い、ローマ字で入力すること。かな入力に比べると、打鍵数は多いが、使用するキーの種類は少ない。そのため習熟が容易で、広く用いられる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローマ字入力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローマ字入力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation