@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローマ帝国【ローマテイコク】

デジタル大辞泉

ローマ‐ていこく【ローマ帝国】
西洋古代最大の帝国。前8世紀ごろ、ラテン人がテベレ川下流に建てた都市国家に始まり、王政、のち共和政(前509~前27)を経て、前27年、内乱を収拾したオクタビアヌス即位により帝政に移行。最盛期の五賢帝時代(96~180)その版図は最大となり、東は小アジア、西はイベリア半島、南はアフリカの地中海沿岸、北はブリテン島に及ぶ大帝国となった。2世紀末から衰退し、395年東西に分裂東ローマ帝国は1453年まで続くが、西ローマ帝国は476年、オドアケルに滅ぼされた。学術・芸術ではギリシャ模倣の域を出なかったが、法制・軍事・土木面にすぐれ、後世に大きな影響を与えた。
[補説]帝政開始から西ローマ帝国の滅亡までを古代ローマ帝国、それ以降を中世ローマ帝国とも称する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろーまていこく【ローマ帝国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ローマていこく【ローマ帝国】
古代、地中海沿岸地方を中心にその周辺地域を版図としたラテン人の帝国。紀元前八世紀頃、イタリア半島のテベレ河畔に建設された古代都市国家に始まる。紀元前272年イタリア半島を統一し、ポエニ戦争に勝利して地中海沿岸一帯を支配。その後内乱が続くがオクタビアヌスが平定し、紀元前27年帝政を開く。以後約200年間パクスローマーナ(ローマの平和)が続いた。五賢帝の時代、その版図は最大となり、大西洋岸から小アジアに及んだ。三世紀に入ると政争・反乱が相次ぎ、395年ビザンツ帝国と西ローマ帝国に分立。その文化は芸術面ではギリシャの影響の域を出なかったが、実際面ではすぐれた特色を示し、特に土木・建築・法制に傑出した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローマ帝国
ろーまていこく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ローマ‐ていこく【ローマ帝国】
古代ローマ後半期の帝政国家。→ローマ帝政時代

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローマ帝国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローマ帝国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation