@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローマ教皇庁【ローマきょうこうちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローマ教皇庁
ローマきょうこうちょう
Curia Romana
ローマ教皇を補佐する機関。初期においてローマ司教はローマ市内の司祭団,近隣地区の司教団によって補佐されたが,4世紀にはローマ地区教会会議が定期的にもたれるようになった。その後常設的な諸補佐機関が漸次設置され,その全教会に対する影響力を強めた。 11世紀の叙任権論争に関する改革の結果,教皇の中央集権が確立され,Curia Romanaが設置されるにいたる。聖省官署裁判所を基本的な3機関とする形に整備されたのは 16世紀以降である。それ以後も時代の要求に従って改組が行われ,1917年の教会法で機構として定められた。 62~65年に開催された第2バチカン公会議の結果,現代社会へ適応するため大幅に改組され,さらに 1988年の改革を経て,現在では国務省のほかに9省,6官署,3裁判所を基本に,事務局などが設置されている。これらは教皇の委託を受けて機能するもので,あくまで教皇の補佐機関である。教皇はまたバチカン市国の主権者という世俗権をもち,その権限教皇庁が扱い,バチカン市国の統治,諸外国との外交などは国務省が管轄している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろーまきょうこうちょう【ローマ教皇庁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ローマきょうこう‐ちょう ローマケウクヮウチャウ【ローマ教皇庁】
カトリック教会で、ローマ教皇の行政を助ける諸機関の総称。聖省・裁判所・官署・宮内部・委員会・研究所などから成る。ローマ法王庁。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ローマ‐きょうこうちょう〔‐ケウクワウチヤウ〕【ローマ教皇庁】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローマ教皇庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローマ教皇庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation