@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローマ楽派【ローマがくは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローマ楽派
ローマがくは
Roman school
16世紀末から 17世紀にかけてローマで学び活躍した教会音楽の一群の作曲家たち。パレストリーナによって確立されたア・カペラ様式を規範とするが,バロック時代に入ると,厳格な対位法様式複合唱の手法を結合して巨大な表現に傾いた。代表的作曲家は,G.ナニーニ,F.スリアーノ,F.アネリオ,O.ベネボリら。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ローマがくは【ローマ楽派 scuola romana[イタリア]】
主として,16世紀後半から17世紀前期にかけて,ローマを中心に,厳格な〈ア・カペラ〉様式の教会音楽を作曲した一群の音楽家をいう。代表的な作曲家としては,パレストリーナ,ナニーノGiovanni Maria Nanino(1545ころ‐1607),ソリアーノFrancesco Soriano(1549‐1621),アネリオGiovanni Francesco Anerio(1567ころ‐1630),スペイン人ビクトリアらが挙げられるが,17世紀のバロック時代にスティーレ・アンティーコstile antico(古様式)の名で,パレストリーナらの様式に従って宗教曲を作曲したアレグリGregorio Allegri(1582‐1652),ベネボリOrazio Benevoli(1605‐72)らが含められることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローマ楽派
ろーまがくは
scuola romana イタリア語
roman school 英語
école romaine フランス語
Römishe schule ドイツ語

16世紀中ごろから17世紀初頭までのローマで栄えた宗教音楽とその作曲者たち。16世紀前半にルターによって始まった宗教改革に対し、カトリック教会の革新と立て直しを目標にしたトレント公会議(1545~63)では、歌詞をはっきりと聴取させるためにポリフォニー様式を教会音楽から排する方向が示された。フランドル出身のヤコーブス・ド・ケルレらは、公会議の方針に従って模範的教会音楽の試作を行った。

 しかし、伝統的なポリフォニー技法は教皇庁礼拝堂でも重視され、ポリフォニーと公会議の決定とをどのように一致させるかが、ローマの作曲家の命題となった。パレストリーナ(1525ころ~94)の『教皇マルチェルスのミサ曲』(1567年ローマ刊)は、歌詞の明瞭(めいりょう)性を伴ったポリフォニーの規範的な作品とみなされている。

 この様式、とりわけパレストリーナの音楽は、流れるような旋律美と響きとの均整、対比を極力排した静かな表情、不協和音を慎重に避けた和声の扱い方、ゆったりとした歌詞の歌わせ方に特徴がある。それは、当時ベネチアで試みられていた劇的な性格をもつ音楽とは対照をなすもので、教会音楽の理想的な姿とされ、以後のローマの作曲家たちの範となった。

 ローマ楽派は、ルネサンス後期のポリフォニー音楽を代表する様式であり、また19世紀に教会音楽の純粋性を回復しようというチェチーリア運動(チェチーリアはローマ時代の殉教者の名で、音楽の守護聖人)がおこった際、理想的なカトリック教会音楽とされた。

[美山良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローマ楽派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローマ楽派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation