@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローレル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローレル
Laurel, Stan
[生]1890.6.16. ランカシャー,ウルバーストン
[没]1965.2.23. カリフォルニア,サンタモニカ
イギリス出身のアメリカの喜劇俳優。本名 Arthur Stanley Jefferson。 O.ハーディと組んで活躍した。『極楽二人組』 (1931) に始る極楽シリーズが有名。小柄ではにかみ屋の役柄。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローレル
Laurel
アメリカ合衆国,ミシシッピ州南東部の都市。ハッティズバーグの北東約 44kmに位置する。林業の中心として発達したが,森林資源が少くなってからは,合板,化学繊維その他の産業の多様化がみられる。人口1万 8827 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローレル
Laurel
アメリカ合衆国,メリーランド州中部の町。ワシントン D.C.の北東約 47kmに位置する。周辺はタバコ,トウモロコシなどの農業地帯。第2次世界大戦後は住宅地化が進み,各種工業も立地。人口1万 9438 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローレル
ゲッケイジュ(月桂樹)」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ローレル(laurel)
月桂樹(げっけいじゅ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ローレル

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ローレル
日産自動車が1968年から2002年まで製造、販売していた乗用車。4ドアハードトップを中心とする。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろーれる【ローレル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ローレル【laurel】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローレル
ろーれる
laurel
クスノキ科(APG分類:クスノキ科)常緑高木ゲッケイジュの葉を乾燥したもの。ベイリーブス、ローリエなどともよばれ、世界中で使われている代表的な香辛料の一つ。清潔な透き通るような芳香をもち、涼感を伴った苦味がある。普通、日陰干しにした葉をそのまま調理に用いるが、とくに煮込み料理などでは長く煮すぎると苦味が強くなるので、調理後は引き上げるとよい。肉や魚の生臭さを消し、あらゆる料理の味や香りを引き立てるが、洋風煮込み料理、たとえば各種シチュー、ブイヤベース、カレー、スープ、グレービーソースをつくるときには欠かせない。ブーケガルニ(数種の香辛料を束ねたもの)の一成分としても必須(ひっす)の香辛料である。マリネやピクルスに用いるときは、葉に割れ目をつけて香りを出しやすくして漬け込む。粉末ものは苦味が強く出るので煮込み料理には用いないほうがよい。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ローレル
〘名〙 (laurel) 植物「げっけいじゅ(月桂樹)」の英語名。
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉一「羅馬辺(ローマあたり)のローレルの樹蔭(こかげ)にでも彷徨(さまよ)ってゐさうな、見るからに多恨薄倖の美術家を表してゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローレル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローレルの関連情報

関連キーワード

社会民主党(ドイツ)ドイツ映画関西学院大学グッズゴッホビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation