@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ローレンツ収縮【ローレンツしゅうしゅく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローレンツ収縮
ローレンツしゅうしゅく
Lorentz contraction
マイケルソン=モーリーの実験エーテルに対する地球の運動が証明されなかったことを説明するため,H.A.ローレンツと G.フィッツジェラルドとが 1893年に独立に提唱した仮説。エーテルに対して等速度 vで運動する物体はすべてその運動方向に縮み,その縮む割合は真空中の光速度を cとすると であるというもの。フィッツジェラルド=ローレンツ収縮ともいう。ローレンツは電子論による説明を試みたが,のちに A.アインシュタインは特殊相対性理論を確立し,まったく別の立場からローレンツ収縮を導いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ローレンツ‐しゅうしゅく〔‐シウシユク〕【ローレンツ収縮】
等速運動している物体の長さが、静止しているときの長さに比べて、運動方向に収縮して観測される現象。1893年にローレンツマイケルソンモーリーの実験の結果を説明するために提出、のちに特殊相対性理論によって論証された。フィッツジェラルドも独立して同じ着想を得たため、フィッツジェラルドローレンツ収縮ともいう。ローレンツ短縮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ローレンツしゅうしゅく【ローレンツ収縮 Lorentz contraction】
マイケルソン=モーリーの実験は,絶対静止系(エーテル系)の存在を否定するものであったが,H.A.ローレンツはなおエーテル説との両立を求め,エーテルに対して速度vで動く物体は,光速度をcとすると,その方向にの割合で短くなると考えればよいことを示した(1893)。この仮説をローレンツ収縮,またはローレンツ短縮という(G.F.フィッツジェラルドも独立にこの仮定を立てており,フィッツジェラルド=ローレンツ収縮ともいう)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ローレンツしゅうしゅく【ローレンツ収縮】
等速運動している物体の長さが、その物体の静止系で測定した長さより運動方向に収縮して観測される現象。ローレンツが、マイケルソンモーリーの実験を説明するため1893年に提出、のち特殊相対性理論により論証された。ローレンツ短縮。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローレンツ収縮
ろーれんつしゅうしゅく
1892年、H・A・ローレンツとG・F・フィッツジェラルドが独立に提唱した説で、運動方向に対して物体の長さが

倍に短縮する効果をいう。ここでcは光速、vは物体の速度である。この説はマイケルソン‐モーリーの実験の結果を説明するために考えられたもので、この効果の意味は、1905年、アインシュタインの相対性理論により、いっそう明確になった。相対性理論では、離れた場所における同時刻の定義は、互いに運動している座標系においては異なっている。ある2点A、Bがともに静止してみえる座標系での二点間の距離をl0とする。次にA、Bが速度vで運動してみえる座標系においての時刻が同時刻であるときの両者間の距離を測ると、長さは

となる。この差は座標系ごとに同時刻の定義が異なることに由来している。ある座標系における同時刻は、他の座標系では同時刻でなくなるから、その系では異なる時刻でのA、Bの間を距離と定義するわけであり、長さが異なってくるのは当然である。
 ローレンツ変換を用いれば、A(tA,xA),B(tB,xB)を、vで運動する座標系からみてA′(tA,xA),B′(tB,xB)と書けば、tA=t′Bとなる場のl=xA-xBは、l0=xA-xBとして

となることをさしている。[佐藤文隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ローレンツ‐しゅうしゅく ‥シウシュク【ローレンツ収縮】
〘名〙 等速運動している物体の長さが、静止しているときの長さより運動方向に収縮して観測される現象。H=A=ローレンツがマイケルソン=モーリーの実験の結果を説明するために、一八九三年に提出したもので、のちに特殊相対性理論によって証明された。「ローレンツ短縮」ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローレンツ収縮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローレンツ収縮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation