@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワイオミング

大辞林 第三版

ワイオミング【Wyoming】
アメリカ合衆国の西部、ロッキー山脈中にある州。イエローストン国立公園がある。州都シャイアン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ワイオミング
《Wyoming》アメリカ海軍戦艦ワイオミング級の1番艦。弩級戦艦。船体識別番号はBB-32。1911年進水、1912年就役。1931年、ロンドン軍縮条約を経て補助練習艦に種別変更。1947年退役、解体

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワイオミング
わいおみんぐ
Wyoming
アメリカ合衆国西部の山岳。面積25万3596平方キロメートル。人口49万3782(2000)。北をモンタナ州、東をネブラスカ州とサウス・ダコタ州、南をユタ州とコロラド州、西をユタ州とアイダホ州とモンタナ州に囲まれる。州都シャイアン。西部にはロッキー山脈が連なり、その東は広大な大平原が広がって、北西から南東方向に大陸分水嶺(ぶんすいれい)が走る。州内をグリーン川、ビッグホーン川、イエローストーン川の主要河川が延び、気候は全般的には半乾燥気候を呈す。全米第9位の面積のわりに人口は第49位と少なく、人口密度が極端に低い。最大都市のキャスパーでさえ人口は4万9644(2000)で、主要都市は南西部域に集中する。州の60%以上が森林であり、土地は耕作地には適さず、古くからウシ、ヒツジの牧畜が主要産業として発達してきた。現在でも羊毛などは全米第2位の生産高を誇り、灌漑(かんがい)の整備によってコムギ、オオムギ、豆類なども栽培されるが、州経済を支える大黒柱は鉱業にとってかわられた。ユタ州境近くに石油・天然ガスの豊富な衝上断層地帯が広がり、ウラン、石炭、トロナ(重炭酸ソーダ石)、ベントナイトなどの埋蔵量も多く、合衆国の地下資源の宝庫といわれて、州内はエネルギー・ブームに沸き立っている。観光業の伸びも著しく、北西端部に合衆国最古のイエローストーン国立公園やグランド・ティートン国立公園、合衆国最初の国定記念物となったデビルズ・タワーなどの大自然があり、近年ここを訪れる観光・行楽客は増加の一途をたどっている。工業は、製油業、食品加工業以外は振るわず、低迷を続けている。18世紀中ごろからフランスの探検隊が入り、1803年のルイジアナ購入で合衆国領となる。1840年代には西部開拓道路のオレゴン道が州を通過したため発展したが、反面インディアンとの抗争が19世紀後半まで続けられた。1869年にユニオン・パシフィック鉄道が開通すると多くの町が誕生、発展し、68年には準州、90年には第44番目の州に昇格した。また、1869年に合衆国最初の女性参政権が認められた所でもあり、1925年には最初の女性知事も誕生している。地名は、インディアン語で「大草原」の意である。[作野和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワイオミング
(Wyoming) アメリカ合衆国の州の一つ。西部、ロッキー山脈にある。州都シャイアン。鉱物資源に富む。イエローストーン、グランドティートンの両国立公園がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイオミング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワイオミングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation