@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワイタンギ条約【ワイタンギじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワイタンギ条約
ワイタンギじょうやく
Treaty of Waitangi
1840年2月6日,ニュージーランド北島のマオリ族イギリス政府の間に結ばれた歴史的条約。この条約によりニュージーランドはイギリスの植民地となった。条約には,(1) マオリ族はイギリス国王主権を譲渡する,(2) イギリス国王はマオリ族の権利を保護し,土地の売買は国王との間でのみ認められる,(3) マオリ族はイギリス国民のもつすべての権利を享受する,の3項目が定められた。しかし実際には政府は資金に乏しく,安く買上げた土地を高く入植者に売りつけたため,マオリ族と入植者の不満が高まり,さらに急増する土地需要に対しマオリ族が売惜しみするようになると,両者対立は一層深まり,44~47年のアイランズ湾戦争,1860年代のマオリ戦争となった。 62年先住民土地法が成立し,土地の個人売買が認められると,ワイタンギ条約は消滅した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ワイタンギじょうやく【ワイタンギ条約】
1840年2月6日,ニュージーランド北島のワイタンギWaitangiでイギリスの代表ホブソン大佐William Hobson(1793‐1842)と50余名のマオリ族首長が調印した条約。これによりニュージーランドはイギリスの植民地となった。これまで先住民のポリネシア系マオリ族とイギリス系入植者との間には,マオリ所有の土地や漁場をめぐる争いがたえず,植民地建設派の強い要求により条約が締結された。条約の目的はイギリス女王の主権をニュージーランド全島に認めさせることであり,その意図は異なる文明をもつ二つの民族が平和に暮らす公正な社会の建設にあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ワイタンギ条約
ワイタンギじょうやく

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイタンギ条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワイタンギ条約の関連情報

関連キーワード

アヘン戦争シュティフターレールモントフアヘン戦争アヘン戦争ウィレム[1世]勧進帳シューマン雪華図説レールモントフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation