@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワイト島【ワイトとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワイト島
ワイトとう
Isle of Wight
イギリスイングランド南部,イギリス海峡北部にある島。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地ニューポートハンプシャー県の南岸に沿って位置する菱形の島で,本土とは狭いソーレント水道によって隔てられる。中央部を東西に白亜丘陵が延び,その北斜面は古第三紀層に覆われた低地に向かって急傾斜するが,南斜面はゆるやかに傾斜し,島の南端部で再び白亜の高まりをみせ,急をなしてイギリス海峡に臨む。青銅器時代の武器や塚を中心に先史時代の考古学的史料に富み,ローマ時代の住居跡もいくつか発掘されている。661年ウェセックス王国に併合されたが,のちサセックス王に与えられた。14~16世紀にはしばしばフランス人の侵入に悩まされ,これに対するために沿岸各地に要塞が築かれた。風光と穏やかな気候に恵まれるため観光業が重要で,フレッシュウォーター,ヤーマスライドなどの海浜保養地があり,島の主要港カウズヨット競技の開催地として有名。ほかに果実・野菜栽培,造船,航空機製造などが行なわれる。面積 381km2。人口 14万(2005推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ワイト‐とう〔‐タウ〕【ワイト島】
Isle of Wight》英国イングランド南部、サウサンプトン南方、イギリス海峡にある島。行政の中心地はニューポート。他にカウズ、ライド、ベントナーなどの海岸保養地がある。北部にあるオズボーンハウスや、島西端部にある白亜紀チョーク石灰岩)の崖が続く景勝地ニードルズが有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワイト島
わいととう
Isle of Wight

イギリス、イングランド南部、サウサンプトンの南に浮かぶ島。イギリス海峡に面し、面積380平方キロメートル、人口13万2719(2001)。1県(カウンティ)を構成していたが、1995年にイングランドで最初のユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)となった。行政の中心地はニューポートNewport(人口2万1400、2002推計)。島の中央部を南から北へメディナ川が流れ、その下流部にニューポートが位置する。白亜紀のチョーク質の丘が島の中央を東西に延び、西端にニードルズとよばれるチョークの崖(がけ)と岩礁が点在する。北部から東部にかけての海沿いには、カウズ、ライド、ベントナーなどの海岸保養都市が位置する。温和な気候と美しい風景に恵まれ、古くビクトリア時代から観光客でにぎわってきた。ビクトリア女王はカウズ近郊のオズボーン・ハウスに好んで滞在し、そこで生涯を終えている。牧羊業に加え、野菜、果樹の栽培が盛んである。造船、航空機、石材などの工業も立地する。古代ローマの占領後、ジュート人の侵入を受けたが、661年ウェセックス王国に併合、1293年よりイギリス王領。

[小池一之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイト島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワイト島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation