@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワイドXGAなど

パソコンで困ったときに開く本

ワイドXGAなど
 通常の画面より横幅が広く、その分、横方向の解像度が高い能力をもった表示モードのことです。一般的には、ワイドXGAは1280×768ドット、ワイドSXGAは1440×900ドット、ワイドSXGA+は1680×1050ドット、ワイドUXGAは1920×1200ドットです。

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

ワイドXGAなど」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワイドXGAなどの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation