@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワイヤロープ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワイヤロープ
wire rope
鋼索ともいう。細い硬鋼線材 (素線。裸とメッキ処理とある) を撚 (よ) り合せたストランド (子) を,天然繊維や合成繊維製の心綱のまわりに撚ってグリースを塗布したロープ。素線の数,ストランド数,その他によって数十種類のものがある。ロープの撚り方には,ロープとストランドの撚り方向が反対の普通撚りと,同方向のラング撚りがある。後者は摩耗損傷が少く,柔軟性に富むが,撚りが戻りやすい。また,ストランドの撚りの方向によって,Z撚りとS撚りに分けられるが,原則的には右撚りのZ撚りである。ロープの防食目的には黒グリース (アスファルト系) ,減摩目的には赤グリース (石油系) を用いる。建設用,船舶用,鉱業用機械や,エレベータ,その他のロープに広く使用され,ロープの種別ごとに切断荷重,自重,その他が定められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ワイヤ‐ロープ(wire rope)
硬鋼線をより合わせて作ったロープ。ふつう数本をよった小綱のまわりに6本配してより合わせる。鋼索鋼条

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ワイヤロープ【wire rope】
鋼の素線(ワイヤ)を撚(より)合わせてつくった綱。索という場合,ワイヤロープを指すことが多い。ただし長い鋼索がつり橋などのつり構造物の主部材や,ケーブルカー,ロープウェーなどに用いられるときケーブルcableと呼ばれるが,これには撚り合わせてつくったロープケーブルのほかに,ワイヤを撚らずに平行に束ねた平行線ストランドを用いる平行線ケーブルもある。いずれにせよ,ケーブルは引張力しか受けもてない部材として扱われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワイヤロープ
わいやろーぷ
wire rope

鋼索ともいう。船舶、各種機械、吊橋(つりばし)、建設作業、運搬および荷役作業など多方面にわたって使用される。普通、硬鋼線材を原料として伸延した直径1~3ミリメートル程度の素線を撚(よ)り合わせてつくる。もっとも一般的なワイヤロープの構成は、素線を撚ってつくるストランドstrand(子綱ともいう)をさらに心綱の周りに一層ないし数層撚り合わせるもので、ストランデッドロープ(複撚り索)とよばれる。このほか、素線を一段または多段に同心円状に撚り合わせたスパイラルロープ(片撚り索)、ストランデッドロープをさらに撚り合わせたケーブルレイドロープ(複々撚り索)、ストランデッドロープをベルト状に編んだフラットロープ(扁平索)などがある。

[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワイヤ‐ロープ
〘名〙 (wire rope) 数本の鋼線をより合わせて子縄を作り、さらに数本の子縄をより合わせたもの。多く麻縄を芯(しん)に用いて曲がりやすくしてある。ケーブルカー・ロープウエー・クレーン・釣り橋・船舶などに用いる。鋼索。索条。ワイヤ。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉倫敦日記「青メープル樹の列(なら)べる下に、鉄鋼(ワイヤロープ)を張り亘(わた)したる場所がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイヤロープ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワイヤロープの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation