@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワッセルマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワッセルマン
Wassermann, August von
[生]1866.2.21. バイエルンバンベルク
[没]1925.3.16. ベルリン
ドイツの細菌学者。エルランゲン,ミュンヘン,シュトラスブルク,ウィーンの各大学で医学を学び,1888年シュトラスブルクで開業。 90年ベルリンのロベルト・コッホ伝染病研究所に入り,1906年に実験治療および血清研究部部長,13年にカイザー・ウィルヘルム研究所所長。 06年には同僚 A.ナイセル,C.ブルックとともに,梅毒の血清診断法であるワッセルマン反応を発表した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ワッセルマン(August von Wassermann)
[1866~1925]ドイツの細菌学者。ベルリンのコッホ伝染病研究所などで研究。→ワッセルマン反応

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ワッセルマン【Wassermann】
August von W. 1866~1925 ドイツの細菌学者。梅毒血清反応・コレラ予防接種法など血清学・免疫学に業績を残す。
Jakob W. 1873~1934 ドイツの小説家。心理分析的手法で多くの長編を書いた。代表作「ツィルンドルフのユダヤ人」「鵞鳥を抱く男」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワッセルマン
わっせるまん
August von Wassermann
(1866―1925)
ドイツの細菌学者。ストラスブール大学卒業。1888年医業を開業、1890年ベルリンのコッホ伝染病研究所に入り、1906年実験治療部長、1913年、新設の実験治療研究所長に就任した。彼は実験的研究を、E・ベーリング北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)に始まるジフテリア、破傷風の抗毒素血清療法から開始し、結核の血清反応研究、サル梅毒の血清反応からヒト梅毒の血清診断法の研究へと進んだ。そして鋭敏にして特異性の高い補体結合術式による血清診断法を提案した。「ワッセルマン反応」とよばれるこの方法は世界に普及した。『病原微生物学大系』Handbuch der pathogenen Mikroorganismen(1903~1909)の監修にも携わった。[藤野恒三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワッセルマン
(August von Wassermann アウグスト=フォン━) ドイツの細菌学者。免疫学を研究、一九〇六年梅毒の血液検査に用いられるワッセルマン反応を発見。(一八六六‐一九二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワッセルマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワッセルマンの関連情報

関連キーワード

プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争徳川家茂アルルの女グリーグ孝明天皇スメタナ徳川慶喜メルビル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation