@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワラビー萎縮症(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑

ワラビー萎縮症(トウモロコシ)
1988年に熊本県で初めて発見された。病徴は幼苗の葉脈がこぶ状に隆起し、新規の展開葉の成長が著しく阻害され、株が極端に矮化する。20世紀初頭にオーストラリアで発見され、罹病した株の葉がワラビー(小型カンガルー)の耳のように見えることから命名された。当初、病原はMaize wallaby ear virus (MWEV)とされたが、その後吸汁害虫であるヨコバイ一種(Cicadulina bimaculata)の吸汁害および虫の産生する毒素によるとされた。我が国ではアジアに分布するフタテンチビヨコバイ(Cicadulina bipunctata)によるが、気候温暖化に伴って北上しつつあり、今後の発生激化が懸念される。

出典:畜産草地研究所

ワラビー萎縮症(トウモロコシ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワラビー萎縮症(トウモロコシ)の関連情報

関連キーワード

キェシロフスキ[各個指定]工芸技術部門高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子本州四国連絡橋井上光晴コロミーナソ連崩壊と東欧の歴史的変革

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation