@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワルシャワ公国【ワルシャワこうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワルシャワ公国
ワルシャワこうこく
Księstwo Warszawskie
ワルシャワ大公国とも呼ばれる。ティルジット条約によって,1807年に成立し,15年に解体したポーランド国家。ナポレオン1世と彼の指揮下のポーランド軍団が占領したワルシャワを含むポーランド分割後のプロシア領に建国。 09年にはオーストリア領のクラクフを含む西ガリチアをも併合。すでに『五月三日憲法』でスタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキ王の断絶後に指定されていたザクセン公フリードリヒ・アウグスト1世がナポレオン1世に推挙されて統治。旧分割3列強のロシア,プロシア,オーストリア,特にロシアに対する前線基地として,ナポレオンとポーランド国民の利害をともにした。ナポレオン法典を基礎にした自由主義的憲法の発布により,東欧の一角に市民政治の発展をみる機会をもったが,その恩恵に浴したのは都市の中流以上の住民であり,農奴制は廃されたものの,賦役労働を強要される農民層が増大し,地主と都市ブルジョア層が台頭した。 12年ナポレオンのモスクワ遠征が失敗すると,ロシア軍の占領下におかれ,ナポレオンの敗北で解体。ウィーン会議の結果,旧分割3列強に再分割され,その大部分会議王国 (ポーランド王国) に再編され,自由都市クラクフ共和国は共同保護下におかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わるしゃわこうこく【ワルシャワ公国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワルシャワ公国
わるしゃわこうこく

1807年ティルジットの和約によってナポレオン1世が創設した国。ポーランド第二次・第三次分割でプロイセン領になった地域をもとに成立。1809年には、第三次分割でオーストリア領となった地域を加えた。自由主義的な憲法が与えられ、ポーランド人の政府・行政組織がつくられ、一部有産市民にも代議員の選挙権が与えられた。また農奴制が廃止されたが、賦役制は存続した。祖国再興の第一歩としてポーランド人の期待を集めたが、ナポレオンの没落後ウィーン会議の決定によって、大部分が「ポーランド王国」(ロシア皇帝が国王を兼任)として、実質上ロシア帝国に編入された。しかし、公国時代の自治制度は、「ポーランド王国」に大部分継承された。

[安部一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワルシャワ公国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワルシャワ公国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation