@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワルトブルク城【ワルトブルクじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワルトブルク城
ワルトブルクじょう
Schloss Wartburg
ドイツのチューリンゲン地方アイゼナハ近くにある古城。 1070年に築城,チューリンゲン方伯ヘルマン1世 (?~1217) が再建し,多数の吟遊詩人や音楽家を招き (→ウォルフラム・フォン・エシェンバハ ) ,はなやかなドイツ文芸の一大中心地となった。中部高地ドイツの伝統的城郭建築面影をとどめる。 1521~22年に,M.ルターがこの城内で聖書を翻訳。 M.シュビント壁画がある。 R.ワーグナーの楽劇『タンホイザー』の舞台になっている。 1999年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ワルトブルク‐じょう〔‐ジヤウ〕【ワルトブルク城】
Wartburg》ドイツ中部、チューリンゲン州の都市、アイゼナハにある城。チューリンゲン地方伯ルートウィヒ=デア=シュプリンガーが1067年に建造し、以来、度重なる増改築がなされて現在の姿になった。宗教改革者ルター新約聖書のドイツ語翻訳を行った場。また、ワグナーオペラタンホイザー」の歌合戦の舞台としても知られる。1999年に世界遺産(文化遺産)に登録された。バルトブルク城

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワルトブルク城
わるとぶるくじょう
Wartburg

ドイツ中部、チューリンゲン州の都市アイゼナハの南西山上にある城。1067年に建造されたといわれ、チューリンゲン地方伯の城であったが、1255年ウェッティン家(後のザクセン選帝侯家)の所有に帰した。建造以来、何度も増築、修理され、ドイツ中世におけるもっとも壮大な城の一つである。ルターがウォルムス国会での審問のあと、ザクセン選帝侯フリードリヒ賢公によってここに保護され、『新約聖書』をドイツ語に訳した。なお、この城は1999年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[中村賢二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワルトブルク城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワルトブルク城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation