@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワレル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワレル
Waller, Max
[生]1860.2.24. ブリュッセル
[没]1889.5.6. シントギリス
ベルギーの詩人。本名 Maurice Warlomont。フランス語で書く。ベルギー文芸復興の主要な作家たちを糾合し,『ラ・ジューヌ・ベルジック (若きベルギー) 』 La Jeune Belgique誌を創刊 (1881) 。死後,軽妙な味の詩集『シーベルのフルート』 La Flûte à Siebel (1891) と小説『デージーDaisy (1892) が公にされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワレル
Wareru
[生]?
[没]1296
ビルマ,ペグー朝第1代の王 (在位 1281~96) 。タイのスコータイ朝に仕えたが,その王ラーマカムヘーンの一王女とともに出奔し,1281年パガン朝のマルタバン領主スレイマンを殺して自立した。 87年には先に自立していたペグー領主タラビャーをも殺して下ビルマからテナセリムにいたる地域を支配した。ビルマに現存する最古成文法典『ワレル・ダンマタ (ワレルの法典) 』を編纂し,後世ビルマ法典の基礎を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ワレル【Wareru】
?‐1296
下ビルマで栄えたペグー朝(1287‐1539)の創始者。在位1287‐96年。成人前の名前はマガドゥー。タイではモガドと呼ばれる。タトン地方ドンウン村の出身。父はキンマ行商人の元締めをしていた。20歳のときタイのスコータイに出かけ王の象使に仕えたが,働きぶりを認められて国王の司厨長,次いで近衛隊長に抜擢された。やがて王女と恋仲となって郷里に駆落し,1231年,マルタバンのビルマ族太守アレインマを殺害してその地の支配者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ワレル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワレルの関連情報

関連キーワード

万延第二帝政ラトビア北京条約オランダ商館日記カニッツァーロ天津香港マイブリッジゲインズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation