@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワロン人【ワロンじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワロン人
ワロンじん
Walloon
ベルギーの南半分に住むケルト系住民で,ベルギーの全人口の約 32%,約 350万 (1990年代) を占める。フランス語の一方言であるワロニー方言を話す。ベルギー北半分に居住するゲルマン系のフラマン人はオランダ語の一方言フラマン語を話し,風俗もオランダに似て農民が多いが,ワロン人の風俗はフランスに近く,都市のにない手である。両者は人種的に混交が進み,ともにカトリック教徒でもあって,識別しにくくなっているが,中世以来の両者の関係は一貫して対立的で,第2次世界大戦におけるナチス侵略に対しても,ワロン人は抵抗組織の中心となったが,フラマン人は戦後のレオポルド3世復位を支持するなど保守的な傾向が強かった。 1932年以来,フランス語 (ワロン地方) とオランダ語 (フラマン地方) の使用地帯を法的に区分し,10年ごとの国勢調査によって言語境界線が改正されることになったが,必ずしも規定どおりには行われておらず,しばしば対立を生んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わろんじん【ワロン人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワロン人
わろんじん
Wallonese

ベルギー南半で用いるワロン語を母語とする人々。ベルギー全人口の約3分の1を占めるとみられ、ほとんどがカトリック教徒である。ワロン系住民の居住地域(ワロニア)は、リエージュを中心とする工業地帯とドイツ・フランス国境に近いアルデンヌ高原とからなる。この地域はローマ時代以降、ラテン(ラテン化したケルト)文化の北端にあたり、北接するゲルマン系住民との文化的相違を長く意識してきた。しかし、現在の民族的感情には近代史の影響が大きい。18世紀末にヨーロッパ大陸最初の産業革命が資源に恵まれたワロニアで始まると、ワロン人が近代ベルギー王国の指導権を握った。一方、とくに1870年代から、経済的に遅れていたフラマン系住民の人口が急増してその政治的自覚が高まると、先発的ワロン、後発的フラマン両系住民の民族的対立感情が強まった。第一次世界大戦後以降、政治的不安定にまで発展したワロン、フラマンの民族的対立を緩和する目的で1930年代から制度化され、1963年の言語法制定でいちおうの完成をみた言語平等主義にもかかわらず、60年代以降のワロニア工業の不振も作用してワロン人意識が「フラマン人」との対立を生む状態にあった。このような両者の拮抗(きっこう)が続いた結果、1993年、ベルギーは言語別の三つの「共同体」と、三つの「地域」からなる連邦国家に移行した。

[佐々木明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワロン人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワロン人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation