@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワンピース

デジタル大辞泉

ワン‐ピース(one-piece)
上着とスカートとが一続きになった女性・子供服。→ツーピース
全体が一つの部分でできているもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ワンピース
4代目市川猿之助が演出・主演する新作歌舞伎スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」の演目原作尾田栄一郎による人気少年漫画「ONE PIECE」。脚本・演出は横内謙介。初演は2015年10月、新橋演舞場にて。出演はほかに、福士誠治、市川右近など。2016年には松竹によりシネマ歌舞伎として映像化された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ワンピース【one‐piece】
上衣とスカートがひと続きになった女性,子ども用衣服。ワンピース・ドレスの略。1枚の布でつくられるものをいうが,上下の切替えのあるものもいう。形やスカートの長さなどに流行をとり入れながらも時代を超えて着用されている。ワンピースに対して,上下2部式のものをツーピース,上着・スカート・ベストといった三つ揃いをスリーピースと呼んでいる。【池田 孝江】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワンピース
わんぴーす
one-piece dress

上半身と下半身が一連になった女子用外衣のこと。縫い目線や切り替え線が入っても、構造的に一連になったものをいう。婦人服では二部形式のスーツが現れる19世紀後期まで、衣装はすべて一部形式であり、ウエストや腰の複雑な切り替えは、隠しフックや紐(ひも)で留め合わせて整えるという方法がとられていた。二部形式の衣装は、婦人のスポーツ服にまず取り入れられたように、機能性を重視したものであるのに対し、ワンピースは、ドレッシーな雰囲気を出しやすい女性特有の衣装でもある。現在の婦人既製衣料のなかではセーター類やスラックスとほぼ同じ販売額を示し、約16%前後を占めている。

[辻ますみ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワン‐ピース
〘名〙 (one-piece) 婦人・女児の洋服などで、上下がひと続きになっているもの。ワンピースドレス。
※歯車(1927)〈芥川龍之介〉五「赤いワン・ピイスを着た女は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ワンピース
ONE PIECE」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ワンピース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワンピースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation