@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワーツラフ2世【ワーツラフにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワーツラフ2世
ワーツラフにせい
Václav II; Wacław II; Wenzel(Wenzeslaus) II
[生]1271
[没]1305.6.21. プラハ
ボヘミア王 (在位 1278~1305) ,ポーランド王 (在位 1300~05) 。ウェンツェル2世,ウェンツェスラウス2世とも呼ばれる。オタカル2世の子。父王が神聖ローマ皇帝ルドルフ1世と争って 1278年敗死したため,7歳でブランデンブルク伯オットーの監視下に即位。その後,摂政職にあった義父ザビシュを追放して 1289年政権を獲得。婚姻関係を利してワーツラフ2世としてポーランド王も兼ね,さらに息子ワーツラフ3世をハンガリー王位につけるなど,武力より外交的・行政的手腕をもって王国復興に努めた。産業育成にも力を注ぎ,通貨改革 (1300) ,鉱山開発なども行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワーツラフ2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワーツラフ2世の関連情報

関連キーワード

忽必烈・忽比烈元(中国の王朝)忽必烈藤原宣房事・縡たぶたぶウォーレスクレメンス[5世]ウォレス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation