@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ワーニャ伯父さん【ワーニャおじさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワーニャ伯父さん
ワーニャおじさん
Dyadya Vanya
ロシアの作家 A.チェーホフ戯曲。チェーホフ四大戯曲の一つで,1889年の戯曲『森の』を原型に,『かもめ』に次いで 97年に発表された。 99年モスクワ芸術座によって初演。主人公のボイニツキー (ワーニャ伯父さん) は,姪のソーニャとともに,死んだ妹の亭主である老教授セレブリャコフの領地を守り,献身的に教授に奉仕するのを生きがいと感じていた。だが退職後,若い後妻のエレーナを連れて戻ってきた教授の俗物性に失望し,深い徒労感にとらわれる。ワーニャの失われた青春に対する嘆きと怒りを通して,80年代のロシアのインテリゲンチアの挫折が表現されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ワーニャおじさん〔‐をぢさん〕【ワーニャ伯父さん】
原題、〈ロシア〉Dyadya Vanyaチェーホフの戯曲。4幕。1897年初演。ロシアの田園で、領地の経営に献身して裏切られた伯父ワーニャと、失恋に傷つきながらも伯父を慰める姪ソーニャの生活を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワーニャ伯父さん
わーにゃおじさん
Дядя Ваня/Dyadya Vanya

ロシアの劇作家チェーホフの四幕戯曲。「田園生活の情景」の副題をもつ。書かれた時期は未詳。1897年に地方で初演され、翌年モスクワ芸術座の上演で成功した。主人公ワーニャは死んだ妹の夫セレブリャコフ教授の生活を援助するため、47歳の今日まで結婚もせず自己を犠牲にして働き続けてきた。教授は退職後、若く美しい後妻エレーナを連れて領地にくるが、かつては一家の誇りであった教授が平凡でうぬぼれだけが強く、エゴイスティックな俗物、つまり「学問のある棒鱈(ぼうだら)」にすぎぬことがわかってワーニャの人生は崩壊する。教授が領地の処分を提案したとき、ワーニャは逆上して襲いかかる。一方、姪(めい)のソーニャは医者アーストロフをひそかに愛しているが、彼はエレーナに心を奪われており、ソーニャの愛を退ける。傷ついたソーニャは、絶望しきっている伯父を優しく慰め、また新しく生きてゆくことを2人で決意する。

[原 卓也]

『原卓也訳『ワーニャ伯父さん』(『世界文学全集59』所収・1975・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワーニャ伯父さん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワーニャ伯父さんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation