@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一人一票の原則【いちにんいっぴょうのげんそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一人一票の原則
いちにんいっぴょうのげんそく
一人の有権者が他の有権者よりも多くのを投じることがないようにする,民主主義における選挙の基本理念。全有権者が平等に選挙資格をもつという原則である。ただし,単記投票制という意味ではなく,連記投票制でもこの原則は成り立っている。たとえば大選挙区制における連記投票制の場合でも,選ばれる議席1に対して各有権者が1票以下 (完全連記制ならば1議席あたり1票,制限連記制ならば1議席あたり1票未満) の票を投じることに変りはなく,一人一票の原則を破ってはいない。なお,かつては財産,教育などの条件によって特定の有権者に2票以上与える制度もあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一人一票の原則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一人一票の原則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation