@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一代年寄【いちだいとしより】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一代年寄
いちだいとしより
相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然消滅してしまう。これまでに,大鵬と北のと貴乃花の3人が一代年寄となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

一代年寄
力士が引退後に年寄(親方)として相撲協会に残るには、105ある年寄名跡を取得するか借りるかしなければならないが、特別に功績があった横綱には、しこ名のまま定年まで年寄として残れる「一代年寄」を贈ることがある。理事会の議決が必要。これまで大鵬、北の湖、貴乃花の3人。千代の富士は辞退した。
(2013-01-20 朝日新聞 朝刊 スポーツ1)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

いちだい‐としより【一代年寄】
大相撲で、功績の特に大きかった力士に対して、日本相撲協会から本人1代に限り与えられる年寄の資格。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いちだいとしより【一代年寄】
大相撲で、特別の功績があった引退力士に贈られる名跡。通常の年寄(年寄株をもつ一〇五名)とは別枠で、個人一代に限って待遇される。1969年(昭和44)の横綱大鵬たいほうが最初。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いちだい‐としより【一代年寄】
〘名〙 大相撲で、功績の特に大きかった力士に対して、日本相撲協会から本人一代に限り与えられる年寄の資格。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一代年寄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一代年寄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation