@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一休【いっきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一休
いっきゅう
[生]応永1(1394).1.1. 京都
[没]文明13(1481).11.21. 山城
室町時代前期の臨済宗の僧,詩人。幼名は周建。諱 (いみな) は宗純。号は狂雲子,夢閨,天下老和尚など。後小松天皇の落胤といわれる。6歳で安国寺に入り,13歳で作詩法を学び,15歳の頃には詩人として名をなしたという。清叟仁について内外の書を学び,17歳のとき,西金寺に入って謙翁宗為に師事,没後,近江堅田の華叟 (かそう) 宗曇についた。文明6 (1474) 年に大徳寺住持となったが,まもなく退き,山城薪 (たきぎ) の酬恩庵などに住んだ。禅宗一般の退廃を憤り,奇矯な行状が多かったが,性格は洒脱で,朝野の崇敬を受けた。また彼の墨跡は室町禅林のなかでも異色ある書風を示し,弟子紹省に与えた『偈頌』が現存する。著書『自戒集』 (55) ,『狂雲集』 (81以前) ,『続狂雲集』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いっきゅう〔イツキウ〕【一休】
水上勉小説室町時代臨済宗僧侶、一休宗純についての評伝。昭和50年(1975)刊行。同年、第11回谷崎潤一郎賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

一休
正式社名「株式会社一休」。英文社名「Ikyu Corporation」。サービス業。平成10年(1998)「株式会社プライムリンク」設立。同16年(2004)現在の社名に変更。本社は東京都港区赤坂。インターネットで宿泊施設の予約ができる「一休.com」を運営。高級ホテル・高級旅館に特化。高級レストランの予約サイトも。東京証券取引所第1部上場。証券コード2450。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっきゅう【一休】
1394‐1481(応永1‐文明13)
室町時代の臨済の僧。諱(いみな)は宗純,狂雲子とも号した。父は後小松天皇。この皇胤説には疑問をもつ人もあるが,当時の公家の日記にみえ,今日ではほぼ定説となっている。6歳のとき,臨済五山派の名寺である京都安国寺に入り像外集鑑(ぞうがいしゆうかん)についた。このとき周建(しゆうけん)と名付けられた。一休の初名である。周建は才気鋭く,その詩才は15歳のときすでに都で評判をえた。だが,その翌年,周建は権勢におもねる五山派の禅にあきたらず,安国寺を去り,同じ臨済でも在野の立場に立つ林下(りんか)の禅を求めて謙翁宗為(けんのうそうい),ついで近江堅田(かただ)の華叟宗曇(けそうそうどん)の門に走った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いっ‐きゅう ‥キウ【一休】
[1] 〘名〙 一時やすむこと。しばらく休息すること。
※太平記(14C後)三五「一寝一休(キウ)是を不安して」
[2] 室町中期の臨済宗の僧。法名は宗純。別号、狂雲子。後小松天皇の落胤(らくいん)ともいう。華叟宗曇(かそうそうどん)の法を嗣ぐ。京・堺などを転々とした後、大徳寺の住職となり、禅界の刷新に尽くした。詩、書画、狂歌などにすぐれ、また、伝説的な奇行の持ち主として、「一休咄(いっきゅうばなし)」や、読本「本朝酔菩提」、歌舞伎「鶴千歳曾我門松」などに作られた。著に、詩集「狂雲集」などがある。応永元~文明一三年(一三九四‐一四八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐やすみ【一休】
〘名〙 ちょっとだけ休むこと。小休止。
※咄本・一休咄(1668)一「有漏路(うろぢ)より無漏路(むろぢ)へかへる一休(ヒトヤスミ)雨ふらばふれ風ふかばふけ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

一休
いっきゅう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
元禄12.1(大坂・荒木座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一休」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一休の関連情報

関連キーワード

厩橋アイリンク1394DV端子FireWire足利義持応永明兆アビニョン教皇庁北山文化

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation