@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一元【イチゲン】

デジタル大辞泉

いち‐げん【一元】
すべての事物の根源がただ一つであるということ。⇔多元
一つの年号。「一世一元
代数式で、未知数が一つであること。「一元方程式」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いちげん【一元】
もとがただ一つであること。 ⇔ 多元 -論
元号の意 一つの年号。 一世-
代数方程式で、未知数が一つであること。 -二次方程式

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐げん【一元】
〘名〙
① 物事の根がただ一つであること。同一の根元。また、事の起こり。
※太平記(14C後)一五「大凶一元(いちゲン)に帰して万機の政(まつりごと)を新たにせられしかば」 〔漢書‐董仲舒伝〕
② 一つの年号。特に、天皇一代の間にただ一つの年号を用いること。
※明治改元の詔‐明治元年(1868)九月八日「自今以後、革易旧制、一世一元、以為永式
③ 暦法で、四五六〇年のこと、また、易で六〇年をいう。
※制度通(1724)一「一蔀一元と云ことありて、六甲六十年を一元とす」
④ 世界の変化が一循環する一二万九千六百年。北宋の哲学者邵雍(しょうよう)の主張したもの。
※童子問(1707)中「儒者以十二万九千六百年一元
⑤ 中国の貨幣の単位。→元(げん)
代数方程式で未知数が一個であること。
⑦ =いちげん(一見)②④〔通人語辞典(1922)〕
※世相(1946)〈織田作之助〉六「大阪中さがしても一元(イチゲン)で泊めてくれるやうな宿屋は一軒もないだらうといふことだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一元の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation