@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一刀彫【いっとうぼり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一刀彫
いっとうぼり
木彫の一技法奈良彫ともいう。奈良の仏師たちが余技に玩具を彫ったのがりという。一刀で彫ったような簡明な刀さばきが特色。明治の森川杜園奈良一刀彫名手

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いっとう‐ぼり〔イツタウ‐〕【一刀彫(り)】
1本の小刀で彫って、その荒いタッチを生かした木彫技法。また、その作品。奈良の一刀彫り飛騨一位彫りなどが有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっとうぼり【一刀彫】
小刀の粗い刀痕を残し,その単純明快な面を生かして完成させる木彫技法,およびその作品をいう。普通はこの技法の特徴をよく示す奈良人形を一刀彫と呼び,飛驒の一位彫(いちいぼり)も〈飛驒の一刀彫〉と呼ぶ。奈良人形は江戸時代初期,岡野平右衛門(松寿)が春日大社祭礼に用いる人形の彫物をもとに始めたといわれる。題材を多く能,狂言にとり,彩色を施して仕上げた小人形で,荒削りの力強い表現に特色がある。江戸末期に森川杜園(1820‐94)が出て,好んで動物を彫り名人といわれ,奈良特産の木彫工芸としてさらに広く知られるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いっとう‐ぼり イッタウ‥【一刀彫】
〘名〙 木彫り様式の一つ。荒彫りな面をもって仕上げたもの。一刀で刻みあげたように見えるのでいう。鎌倉時代に始まり、奈良の一刀彫り人形、飛騨の一位彫りが有名。
※生々流転(1939)〈岡本かの子〉「ちょっと奈良の一刀彫(いったうボリ)のやうです」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一刀彫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一刀彫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation