@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一夜鮨【イチヤズシ】

デジタル大辞泉

いちや‐ずし【一夜×鮨】
軽く塩をした小魚または魚の小片と塩とを交互に重ね、一晩押しをして味をなじませた飯と酢締めの魚とを用いるものもある。早鮨 夏》「蓼の葉も紅葉しにけり―/一茶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

いちやずし【一夜鮨】
仕込んでから一晩程度で食べられるようになるすし。◇酢を用いる早ずし①をいうことが多いが、『料理物語』(1643年)など江戸時代文献には、調理法の中で酢に言及していないものもある。⇒早ずし

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いちやずし【一夜鮨】
れ鮨の一種。鮎あゆの腹に飯を詰め苞つとに入れて火にあぶり、おもしを強くかけて、一晩の間自然発酵させた鮨。はやずし。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いちや‐ずし【一夜鮨】
〘名〙 作りはじめてから一日くらいで食べるすし。はやずし。なまなり。《季・夏》〔料理物語(1643)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとよ‐ずし【一夜鮨】
〘名〙 つくり始めてから一日くらいで食べる鮨。早鮨(はやずし)。いちやずし。〔四時交加(1799)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一夜鮨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一夜鮨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation