@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一夫多妻婚【いっぷたさいこん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一夫多妻婚
いっぷたさいこん
polygyny
1人の男性が複数の女性を妻とする婚姻形式。一般に一多妻婚は,一夫一婦婚を通常の婚姻形式としながら,特殊な事情もしくは特定の人々にそれを社会的に容認している形で存在する。たとえば伝統的なエスキモー文化では,一夫一婦婚を原則としてきたが,男女の人口比その他の理由によって女性に結婚難の状況があれば,一夫多妻婚を当然のこととして認めてきた。第1夫人と第2夫人以下との処遇方法は,エスキモーのようにほとんど差異のない文化もあったし,第1夫人に特別な地位なり名誉を与えている文化もある。多くの場合,複数の妻たちは居住を別にしてきたが,クロー族のように姉妹が同一の夫をもつ姉妹多妻婚の場合には居住を共同にしてきた。イスラム圏やアフリカの諸民族にみられるように,妻の人数が社会的地位なり権力象徴となるような傾向もあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっぷたさいこん【一夫多妻婚 polygyny】
1人の夫が,社会的に認められた2人以上の配偶者をもつ婚姻形態。夫のもとに妻たちとその子が同一家屋内で同居共食するタイプと,アフリカに多く見られるような,妻たちがそれぞれ自分の子どもと共に,屋敷内の分離した家屋に住み,かまどを別にし半独立的生計を営むタイプがある。後者では1人の夫を中心に,数個の夫婦家族が集まった家族形態をとるのに対し,前者では複数の妻たちが同一世帯を形成するため,妻たちの関係はより直接的になり,組織化が必要となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

一夫多妻婚
いっぷたさいこん
ポリジニーpolygynyという。1人の男性が同時に2人以上の女性を妻としてもつような複婚plural marriage, polygamyの一形態である。世界各地に広くみられるが、とくにイスラム文化のもとにある社会の例がよく知られている。またサハラ以南のアフリカ黒人社会にも広くみられる。一般には、実際に複数の妻をもっている男性の割合はどの社会でもそれほど大きくはないが、これは人口の性比から考えると当然のことであろう。複婚社会では普通多くの妻をもっていることは高い社会的評価を意味する。オーストラリアの狩猟採集民ティウィのように、女性が一握りの老人や有力者の手に集中している社会もあれば、また、正式な結婚に婚資(bride wealth)の支払いを必要とする多くのアフリカ社会でのように、並外れて裕福な者だけが多数の妻をもつような社会もある。
 多くの妻をもつことによって社会的威信が高まる社会においては、男たちは性的願望からというよりも、むしろ名声を求めて多くの妻を手に入れたいと望む。しかし同時に、こういった社会における女性の生産労働力としての側面もしばしばきわめて重要である。女性の植物性食料採集に生活の多くを依存するオーストラリアのティウィでは多くの妻は明らかに食生活の豊かさを意味する。多妻婚が不道徳であると説くヨーロッパ人の宣教師に対してティウィの長老は「妻1人でどうやって食べていくんだ」と答えたという。
 アフリカの農耕民社会の多くでは、妻のひとりひとりは固有の耕作地を与えられ、そこで農耕に従事する。収穫はそれぞれの妻の所有物となる。夫は妻たちの経済活動を管理運営する経営者のような立場にたつわけである。多くの妻をうまく管理する男は経済的にも成功し豊かな世帯を営む。その富を頼って多くの人々が彼の所帯に集まり、男は政治的な名声をも高めるのである。複婚の家族では、妻相互の嫉妬や息子の相続をめぐる利害の対立がときとして大きな問題となる。しかし反面、女性にとって夫が自分以外の妻をもつことは、家事労働において助手あるいは協力者を得ることにもなり、またときには、横暴な夫に対抗する仲間を得ることにもなる。このため、ときには妻のほうから夫にもう1人妻をとるように勧めることもあるという。[濱本 満]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一夫多妻婚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一夫多妻婚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation