@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一心三観【いっしんさんがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一心三観
いっしんさんがん
天台宗の瞑想法の一つ。あらゆる事象相対を超えた仏教の絶対的真理にかなっていることを体得すること。現象世界を否定的にあつかう空観 (くうがん) ,肯定的にとらえる仮観 (けがん) ,この両者がともにそなわってはじめて真理を把握しうるとする中観 (ちゅうがん) の三観を,ひと思いに一時に観念すること。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いっしん‐さんがん〔‐サングワン〕【一心三観】
天台宗の観想法。一切の存在には実体がないと観想する空観(くうがん)、それらは仮に現象していると観想する仮観(けがん)、この二つも一つであると観想する中観(ちゅうがん)を、同時に体得すること。円融三観。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっしんさんかん【一心三観】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いっしん‐さんがん ‥サングヮン【一心三観】
〘名〙 仏語。天台宗で説く観法(かんぽう)。一切の存在には実体がないと観ずる空観(くうがん)と、一切の存在は仮に現象するものであると観ずる仮観(けがん)と、この空仮の二観を別々のものとしない中観(ちゅうがん)との三観を、一思いの心に同時に観じ取ること。
※平家(13C前)二「御心中に秘せられたりし一心三観の血脉相承をさづけらる」 〔摩訶止観‐五・上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一心三観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一心三観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation