@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一心同体【イッシンドウタイ】

デジタル大辞泉

いっしん‐どうたい【一心同体】
二人以上の人がを一つにして行動すること。「夫婦は一心同体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっしん‐どうたい【一心同体】
〘名〙 (誤って「一身同体」とも表記) 二人以上の人間が心を一つにして、一人の人間のように結びつくこと。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「夫婦は一身同躰(イッシンドウタイ)と申すでは御坐いませんか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

一心同体
二人以上の人間が心を一つにして、一人の人間のように結びつくこと。

[使用例] 光子さんと綿貫とは永久に一心同体やとか[谷崎潤一郎|1928~30]

[使用例] 駄目よ、あなた来てくれなければ。私とは一心同体って言っておくから。あなただって、訊きたいことがあるんでしょう[円地文子彩霧|1976]

[解説] 明治時代には、多く「いっしん」を「一身」と書いて、ひとまとまりになった全体、一体ので用いられました。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一心同体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一心同体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation