@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一挙手一投足【イッキョシュイットウソク】

デジタル大辞泉

いっきょしゅ‐いっとうそく【一挙手一投足】
韓愈「応科目時与人書」から。一度手を挙げ、一度足を踏み出す意》
こまかな一つ一つの動作や行動。「一挙手一投足に気を配る」
ちょっとした努力。わずかな骨折り。「一挙手一投足を費やす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっきょしゅいっとうそく【一挙手一投足】
韓愈科目時与人書より。一度手を上げ足を動かす意
一つ一つの動作。いちいちの細かい動作。 選手の-に注目する
わずかな労力。 -の労を惜しむ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっきょしゅ【一挙手】 一投足(いっとうそく)
① (一度だけ手を挙げ、足を動かす意から) わずかばかり骨を折ること。少しの努力。
※春潮(1903)〈田山花袋〉三「如何なる大事業をも一挙手一投足の労を言はぬばかりの希望の光明が認められなければならぬ筈であるが」 〔韓愈‐応科目時与人書〕
② 細かい一つ一つの動作や行動。行動のすべて。一挙一動。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉三「其一挙手一投足は国家即ち寧ろ政府の指令を仰がざる可らざるに至らしめたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一挙手一投足」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一挙手一投足の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation