@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一書【イッショ】

デジタル大辞泉

いっ‐しょ【一書】
一通の手紙または文書。「一書を送る」
一冊または一部の書物。
ある書物。異本。別本。一本(いっぽん)。「一書によると」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっしょ【一書】
一通の手紙・文書。 -をしたためる
一冊の本。一部の書。
ある本。異本。 -にいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐しょ【一書】
〘名〙
書物についていう。
(イ) 一冊または一部の書籍。一本(いっぽん)
俳諧虚栗(1683)跋「栗と呼ぶ一書、其味四あり」 〔漢書‐芸文志〕
(ロ) ある書物。また、同じ題目または趣旨で、別に書かれている書物。異本のうちの一つ。あるふみ。一本。
※万葉(8C後)一・七八・題詞「一書云太上天皇御製」 〔青箱雑記‐三〕
② 一通の手紙や文書。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔曹鄴‐相思極詩〕
[補注]「日本書紀‐神代」に頻出する「一書曰」はふつう「あるふみ」「ひとつのふみ」と訓じている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとつ‐がき【一書】
〘名〙
① 一つ一つ文字を離して書くような稚拙な書き方。
※狭衣物語(1069‐77頃か)四「女(むすめ)のひとつがきなれば、『散らさじ』とて」
② 箇条書きのそれぞれの冒頭に、「一、何々」と、一の字を書いて記すこと。また、その文書。書立(かきたて)。一打(いちうち)
※清原枝賢奥書式目抄(1588)乾「毎度一と置事は〈略〉二三に対する一にはあらず、物に一つ書をするも此心也」
③ 要件だけを一か条で書くこと。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「半切紙に一つがき、十匁壱分五リン野崎のわり付、五月三日と斗にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation