@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一望【イチボウ】

デジタル大辞泉

いち‐ぼう〔‐バウ〕【一望】
[名](スル)広い景色などを一目で見渡すこと。一眸(いちぼう)。「一望に収める」「山頂から太平洋を一望する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いち‐もう〔‐マウ〕【一望】
唯一の希望。また、ある希望。
「心中忽(たちま)ち―を生じ来り」〈織田訳・花柳春話

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐ぼう ‥バウ【一望】
〘名〙
① (━する) 広いながめを一目で見渡すこと。一眸(いちぼう)
※六如庵詩鈔‐二編(1797)一・西山採蕈十絶句「黄雲一望覆平疇、頳殺農肩殺牛
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一〇「浅草の方面を一望すると」 〔孟浩然‐送杜十四之江南詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いち‐もう ‥マウ【一望】
〘名〙 唯一の希望。また、ある希望。いちぼう。
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)五「源の牛若丸献上祈文の意趣は、平氏追討の一望なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一望」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一望の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation