@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一木造【いちぼくづくり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一木造
いちぼくづくり
木彫技法の一つで,1本の木材からを丸彫した継ぎ目のないもの。ただし,頭部胴部が一木から成り,腕,などを別木で造ったものも含まれる。また干割れを防ぐため背部をえぐりとった (背刳) ものもある。日本の仏像彫刻では,飛鳥時代から平安時代初期の木彫大部分は一木造で,京都,神護寺の『薬師如来像』,奈良法華寺の『十一面観音像』はその作例。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いちぼく‐づくり【一木造(り)】
木彫り、特に木彫仏の造像技法の一。本体である頭部と胴体を1本の木から彫りだすもの。また、その像。→寄せ木造り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちぼくづくり【一木造】
像の主要部分を一つの材から作る木彫像の技法およびその構造をいう。像の主要部分を複数の材を寄せて作る寄木造に対応する語で,おもに日本の木彫仏に用いられる。仏像の場合,像の頭から胴部までを同じ一材から作っていれば,両腕・体側部・背部,座像の場合の両脚等を別の材を矧(は)いで作っていても一木造という。11世紀に寄木造の技法が完成するまで,日本の木彫の大部分は一木造である。その際,像の干割れを防ぐため内刳(うちぐり)をすることがあるが,これをさらに効果的にするため製作途中で像を前後に割り放し,大きく内刳をしてそれを再び矧ぎ付ける技法を割矧造(わりはぎづくり)という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

一木造
いちぼくづくり

木彫、とくに仏像彫刻の技法を示す語で、像の主要部分を1本の木から刻み出したもの。ただし、一材から像の全体を刻み出すのは、檀像(だんぞう)のような特殊なものや小像を除いてはほとんどなく、像の中心となる頭部、胴部以外の突出部、立像では腕、座像なら腕や膝(ひざ)などは別材でも一木造という。また後頭部、背部から内刳(うちぐり)(内部を刳(く)って空洞にする)をして、これに蓋板(ふたいた)を当てるが、これが背面全体を形成する場合もある。一木造という概念は、11世紀なかば以後流行するようになった寄木造(よせぎづくり)に対して、それ以前主として奈良時代末から平安時代中期にかけて行われていた像をさすべきものだが、技法はその後も行われ、さらに発達すると割矧造(わりはぎづくり)(一木式寄木造)になる。一木造の像がしだいに発達して寄木造になったというものではなく、すでに飛鳥(あすか)時代にも中宮寺弥勒半跏像(みろくはんかぞう)のように寄木造的手法を用いたものもあり、その発達過程は別になっている。

[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いちぼく‐づくり【一木造】
〘名〙 木彫りの技法の一つ。一本の木材から像を彫り出すこと。また、その作品。平安初期の木彫りは、ほとんどこれによった。⇔寄木造(よせぎづく)り。〔現代術語辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

一木造
いちぼくづくり
木像彫刻の一技法で,1本の木から像全体または頭・胴体の中心部を丸彫りしてつくる方法
一木彫成ともいう。寄木造が行われる以前の木彫の主流で,特に平安前期に流行した。神護寺の『薬師如来像』,観心寺の『如意輪観音像』などが有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一木造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一木造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation