@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一杯【イッパイ】

デジタル大辞泉

いっ‐ぱい【一杯】
[名]
一つの杯・茶碗などに入る分量。「コップ一杯の水」
ちょっと酒を飲むこと。「帰りに一杯やりませんか」
イカ・タコや船一つ。→杯(はい)
金1両。
「祝儀は女郎へ、壱分を二三十粒、宿へ三歩あるいは金―」〈浮・元禄大平記・五〉
名詞の下に付き、接尾語的に用いて、限度ぎりぎりまで、の意を表す。「精一杯働く」「時間一杯考える」「腹一杯食べる」
[副]
一定の容器や場所などに物があふれんばかりに満ちているさま。「日が一杯さし込む」「部屋は来客で一杯になる」
できる限り。ありったけ。「弓を一杯に引き絞る」
[アクセント]ッパイ、はイッパイ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐はた【一杯】
あふれるくらいいっぱいなこと。
「御目に涙を―浮けて」〈愚管抄・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひと‐はた【一杯】
〘名〙 (「はた」は接尾語) 器などにあふれるくらいいっぱい。いっぱいなこと。
※発心集(1216頃か)八「文(もん)のきれちひさき唐櫃にひとはたにぞなりたりける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一杯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一杯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation