@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一橋家【ひとつばしけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一橋家
ひとつばしけ
江戸時代,御三卿の一つ。元文5 (1740) 年8代将軍徳川吉宗の子宗尹が江戸城一橋門内に興したのが始め。御三家に次いで,田安,清水両家とともに高い家柄で,石高 10万石。 11代将軍家斉,15代将軍慶喜はこの家から出た。明治になって伯爵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひとつばしけ【一橋家】
三卿の一つ。8代将軍徳川吉宗の四男宗尹(むねただ)を祖とし,1740年(元文5)江戸城一橋御門内に屋敷を与えられたところから一橋家と称した。高10万石。三卿は三家とともに将軍家の血統保持の役目をもち,一橋家からは2代治済の四男家斉が11代将軍となり,徳川斉昭の七男で一橋家を継いだ慶喜が15代将軍となった。【藤野 保】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

一橋家
ひとつばしけ

御三卿(ごさんきょう)の一つ。8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)四男宗尹(むねただ)を祖とする。宗尹は1735年(享保20)元服して徳川を名のり、40年(元文5)江戸城一橋門内に屋敷を与えられた。この屋敷を一橋屋形(やかた)と称したことから一橋家とよばれる。ついで1746年(延享3)には兄田安宗武(たやすむねたけ)とともに10万石の領地を給せられ、将軍の家族の一員として待遇された。以後治済(はるさだ)、斉敦(なりあつ)、斉礼(なりのり)、斉位(なりくら)、慶昌(よしまさ)、慶寿、昌丸(まさまる)、慶喜(よしのぶ)、茂栄(もちはる)と10代続いて維新を迎えた。2代治済の四男豊千代(とよちよ)は、11代将軍家斉(いえなり)となったため当家は一時幕府内で力をもった。また9代慶喜(水戸の徳川斉昭(なりあき)七男)は幕末14代将軍家茂(いえもち)の後見職として活躍、その死後15代将軍となった。なお、当家伝来の史料などは茨城県歴史館に寄贈されている。

[上野秀治]

『辻達也編『新稿一橋徳川家記』(1983・続群書類従完成会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

一橋家
ひとつばしけ
江戸時代,御三卿 (ごさんきよう) の一つ
8代将軍徳川吉宗の4男宗尹 (むねただ) が初代。江戸城一橋門内に住み,10万石を給せられた。11代将軍家斉は一橋家出身。徳川慶喜 (よしのぶ) は水戸家から出て一橋家を継ぎ15代将軍となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一橋家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一橋家の関連情報

関連キーワード

冒頓単于冒頓単于争点証拠整理手続わいせつ罪テルピネン公然わいせつ罪前田健太タウンミーティング佐賀市の中心市街地強化地域

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation