@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一環【イッカン】

デジタル大辞泉

いっ‐かん〔‐クワン〕【一環】
鎖などの一つの輪。
互いに密接な関係をもつものの一部分。全体の一部分。「記念行事の一環として」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっかん【一環】
鎖などつながっているもののうちの一つの輪の意から
互いにつながりをもつ多くの事柄の中の一つ。 都市計画の-として公園をつくる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐かん ‥クヮン【一環】
〘名〙
① 鎖などつながっている輪のうちの一つ。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「一環の臂墨(〈注〉いれずみ)、掩ふ所有るが若く」
② 全体的なつながりをもっている物事の一部分
※中野重治論‐息子の拒否権(1947)〈荒正人〉「『十月革命』やその小さい一環であった父さんたちのプロレタリア文学運動の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一環」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一環の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation