@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一生【イッショウ】

デジタル大辞泉

いっ‐しょう〔‐シヤウ〕【一生】
生まれてから死ぬまでの間。終生(しゅうせい)。生涯。「幸せな一生を送る」「事業に一生を捧げる」「一生を棒にふる」「一生忘れられない出来事」
やっと生き延びること。一命。「九死に一生を得る」
(「一生の…」の形で)生きている間に一度しかないようなこと。生涯にかかわる重大なこと。「一生の願い」「一生の不覚」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっしょう【一生】
生まれてから死ぬまで。生涯しようがい。副詞的にも用いる。 -を送る 研究に-をささげる -を棒に振る 御恩は-忘れない
やっと命が助かること。 九死に-を得る
同じ親から生まれること。 イップク-ノ兄弟/日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐しょう ‥シャウ【一生】
[1] 〘名〙
① 生まれてから死ぬまでの間。生きている間。生涯。一期(いちご)。終生。
※竹取(9C末‐10C初)「一しゃうの恥ぢ、これに過るはあらじ」
※徒然草(1331頃)三八「しづかなるいとまなく、一生を苦しむこそおろかなれ」 〔晉書‐挙卓伝〕
② (「一生の」の形で) 生涯に一度しかないようなこと、生涯にかかわるようなことの意を添える。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「一しゃうの無心〈略〉三貫目ととのへ、与兵衛に持たせて下され」
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「お前と結婚したのは一生の不作だった」
③ やっとのことで生き延びること。→九死一生
※太平記(14C後)二「万死を出て一生に合ひ、白昼に京へ引返す」
[2] 〘副〙 (「に」を伴う場合もある。下に打消を伴って) 全く。まるっきり。
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)上「我妻ならで一生に、覚へぬ男の肌触れて身を汚したか浅ましや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation