@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一般均衡【いっぱんきんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一般均衡
いっぱんきんこう
general equilibrium
経済におけるすべての市場が同時的に均衡していること。つまりある時点でのすべての財・サービスの価格と数量が変化しない状態を指す。この理論は,L.ワルラスによって展開され,J.ヒックス,P.サミュエルソン,G.ドブリューらによって発展がなされた。各財の需要と供給は,その財の価格のみならず,他のすべての財の価格に依存すると考えられる。需要関数は,消費主体の効用最大化行動からすべての財の価格の関数として導かれる。供給関数は,生産主体の利潤最大化行動からすべての財の価格の関数として導出される。市場において,すべての財の需給が一致するよう財の価格が調節され,一致したところで一般均衡価格が決定される。これに対して部分均衡は,他の事情において等しいという条件のもとで,当該の財に限定して需給均衡を考える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっぱんきんこう【一般均衡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いっぱんきんこう【一般均衡】
すべての市場において、需要と供給が同時に均衡している状態。 → 部分均衡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般均衡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一般均衡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation